オンラインカジノ側が摘発されることはほぼ無い

カジノカフェ

オンラインカジノ関連で確実に違法と言えるのは、カジノカフェと呼ばれる所だけです。それ以外で摘発されることはまずありませんし、そうした問題が起きている話も殆ど出てきません。なぜカジノカフェだけが摘発されることになるのか、これは日本の警察が調査できる範囲に該当している為で、オンラインカジノの運営はどのような場合でも摘発することが困難です。

そのカジノ自体が運営放棄状態の可能性

使われているオンラインカジノは、現在登録者を増やすことをしていない、更には運営自体も放棄されているもので、勝手に利用してもいいように変更されているタイプです。通常のオンラインカジノは、運営している団体がありますので、その団体がしっかり管理していれば問題なく遊べるようになっています。しかしオンラインカジノの中には放棄されているものもあり、これらの問題によってカジノカフェが勝手に利用できる状態を作っています。
利用していることがわかっていれば、日本で使われているオンラインカジノと該当させることができるので、警察としてもオンラインカジノを使っているのはこの店舗の人と判断して摘発します。しかしオンラインカジノを運営しているところは既に無いものと判断されてしまい、運営しているところまで摘発することができません。
更に海外まで警察の効力が及ばないこと、法律として適応させることができな位問題もありますので、放棄されているオンラインカジノを作成した会社や個人を特定しても、逮捕することができない点もあります。

カジノ放置

放棄されているオンラインカジノがよく使われている

カジノカフェは、自分たちで色々と変更させてプレイさせやすくすることを考えているので、放棄されているオンラインカジノを利用していることが多くなっています。これらのカジノを利用することによって、自分たちが有利に進められる、システムなどの変更ができる可能性を持っているためです。そのため使われていないオンラインカジノのシステムを何処かから手に入れて、これを改良して使っていることがあります。
摘発にはオンラインカジノの情報は関係ありませんが、放棄されているもの以外だとオンラインカジノから出金することが難しいために、結果的に使われていない過去のものを使っていることが多いです。そしてこの情報は他のユーザーにも知られているようになり、最終的に他のカジノカフェを作る要因になっているのです。