エコペイズで銀行振込入金の手間を減らす方法と手数料節約の裏技

エコペイズは多くのオンラインカジノで採用されていて、入出金手段の定番になっています
使い勝手の良さが魅力で、エコペイズの入金経由でオンラインカジノを遊ぶこともできます。

クレジットカードを使いたくない人には大きなメリットになっていて、一部クレジットカード自体が利用できないオンラインカジノへの入金ハードルをさげてくれます。
今回は利用者が多い銀行振込をメインに、エコペイズの入金方法を解説していきます。

クレジットカードがなくても入金できる銀行振込の魅力

クレジットカードがなくても入金できる銀行振込の魅力
エコペイズは銀行からの振込を受けつけていて、主に収納代行業者を経由して入金することになります。
テロや犯罪防止のために海外からの送金に厳しい国が増えている関係上、海外送金やクレジットカードは使いにくくなっています。
そのため国内の収納業者を間に挟むことで、スピーディーで確実な銀行振込を可能にしているのです。

エコペイズへの銀行振込は早ければ即日反映され、遅くとも3日以内に着金します。
エコペイズに銀行振り込みで入金したい場合、まずはログインします。

ログイン後、「資金を入金」を選択、「入金先口座」と「ローカル入金」と進むと入金のための選択肢が出るのが特徴です。
「Wire Pay」を選択すると三井住友銀行口座への銀行振込、「Panda Pay」はみずほ銀行口座への銀行振り込みになります。
「Alternative Payments」は仮想通貨を使った入金になるため銀行振込の場合は利用しません。
後は表示にしたがって数字を入力し、振込先銀行と金額が確定したら、銀行ATMなどから振込を行います。

振込料金と入金手数料5%が発生するため、振込料金が安い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットで手続きできるようになると選択肢が広がる

ネットで手続きできるようになると選択肢が広がる
エコペイズへの銀行振込は、ネットで完結させる方法もあります。
パソコンやスマホで振込手続きができる銀行は増えていて、24時間手続きができることは珍しくなくなっています。
オンラインカジノで遊ぶのであれば、ネットで手続きが完結させられる銀行口座を一つは持っておくと便利です。

手続きはそれほど複雑ではなく、銀行のサイトに個別のIDやパスワードを入力し、エコペイズで指定された口座に振込だけですみます。
コピー&ペーストを使えば数字を入力する手間や、間違った数字の入力も防げるため確実に手続きができるのです。

ただし、銀行振込を行う場合の注意点もあります。
業者都合で振込先口座番号などが変更されるケースがある点です。

常に同じ口座番号への振込が指定されるわけではないため、振込先登録をしてお金をいれてしまうとトラブルになる可能性があります。
振込先の確認はしっかり行い、毎回入力してトラブルを防ぐのがおすすめです。

振込名義にエコペイズ口座番号をいれることも大切です。
着金の確認などをする際に、名義に口座番号が入っているかで検索性が大きく変わります。
確認がスムーズになり、すぐに入金されるようなケースもあります。

少しでも節約するなら専用プリペイドカードも視野に

少しでも節約するなら専用プリペイドカードも視野に
銀行振込がネットで簡単にできるようになり、エコペイズの入金ハードルも下がっています。
しかし、5%の入金手数料が気になると言う人は別の選択肢を考えることになります。
国際的にはそれほど高くない水準ですが、節約したい人にとっては少しでも節約したいポイントになるからです。

銀行振込の代替手段になるのが、エコバウチャーの購入です。
エコバウチャーはエコペイズが発行するプリペイドカードで、公式サイト経由で購入することができます。
ユーロ、ドル、アメリカポンドの中から、10~150通貨単位で購入できます。
手数料は2.9%と安めに設定されているため、手数料節約に貢献してくれるのです。

クレジットカードで購入することもできるため、間接的にエコペイズにクレジットカード入金をする手段にもなっています。
ただし、数十万円単位など、まとまった金額を入金したい場合は、必要な金額だけエコバウチャーカードを購入することになります。

10枚以上のカードを購入し、それぞれのPINコードを入力して残高に反映させるのはかなりの手間です。
あくまで小額の入金などを行うときにおすすめで、まとまった額を入金したい場合は銀行振込を選ぶとストレスを減らすことができます。

ネットからの銀行振込ができるとかなり便利

エコペイズの銀行振込は、国内の収納代行業者経由で行います。
国内銀行への振込になるため、複雑な手続きなどは不要です。
海外サービスだからと身構える必要はなく、一般的な銀行振込の感覚で利用できます。

ネット対応で、PCやスマホから振込手続きができる銀行も増えているため、ネットで完結する場合もあります。
手数料を節約したいのであればエコバウチャーを使うのも方法ですが、金額によっては手間が増えてしまいます。
状況や金額、情報入力の手間などを比較して選ぶのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です