有料であることが何よりの問題点

有料であることが何よりの問題点

オンラインカジノに対し「違法だ」「遊んでいると逮捕される」といった誤解をしているユーザーは、実はまだまだ多いと言われています。
その理由がインカジ、カジノカフェによる騒動です。

実際に逮捕者を出しているのは間違いありませんので、「やっぱりオンラインカジノは違法だ」と考える人がいても不思議ではありませんが、これらのニュースを断片的に理解している人も多いです。
裏を返せば、これらの騒動の真実を知れば、オンラインカジノのユーザーは安全だということも分かります。

インカジやカジノカフェによる逮捕者が続出した背景

インカジやカジノカフェによる逮捕者が続出した背景

2000年代前半はまさにインターネットに常時接続が普及されつつある時期でした。
といってもまだまだパソコンのみの話で、スマートフォンではなくガラケーだった時代は、インターネットがまだまだ「一部の人のもの」でした。

ガラケーでも簡易的なサイトにアクセスできるようになっていたので、インターネットそのものは比較的身近なものではあったものの、ガラケーのスペックは高くはありませんでしたので、ガラケー用のサイトはシンプルなものでした。
一方、パソコンから接続するインターネットの世界はそれまでよりも高速環境となったことから、様々なサービスが登場しました。

日本でオンラインカジノが人気を集めるようになったのも丁度このタイミングですが、まだまだパソコンそのものの普及率が低かったことから、「パソコンで楽しめるサービスを提供する業者」も多々登場しました。
例えばネットカフェがその一つです。
それまでは「漫画喫茶」という業態でしたが、漫画だけではなく、インターネットに接続されたパソコンを置いたネットカフェは、自宅からはパソコンができない人にとって貴重なものでした。
インカジやカジノカフェは、いわばその延長線上にあるサービスです。

あくまでもメインはカフェですが、パソコンでネットが出来る環境も併設し、「オンラインカジノが楽しめる」と宣伝していたのです。
オンラインカジノで勝利を得れば大きな利益を得られますので、ギャンブルに興味を持ったユーザーから大きな注目を集めるようになりましたが、言うまでもなく国内ではギャンブルは法律によって禁止されています。
公営ギャンブルのみが許可されているので、仲間内で賭け事をすることも厳密には違法です。

そのような中で、オンラインカジノという「ギャンブルができるパソコン」をお店に置き、さらにはお客からお金を取っていたのです。
この、「お客に提供していた」という行為が大きな問題点です。

お客への供与の場合

インカジやカジノカフェはお客にオンラインカジノを提供していました。
ましてや、無料で「遊べますよ」と謳っていたのではなく、お金を取っていたとのこと。
つまり、オンラインカジノを「ビジネス」として利用していたことになりますが、言い換えれば「ギャンブルを提供してお金を取っていた」になります。
そして、このような行為は賭博斡旋になる為逮捕されました。

しかし、ここでポイントとなるのは逮捕されたのは経営者や店長などです。
ユーザー側ではなくあくまでも経営スタッフ側に多かった点は、ユーザー側の問題ではなくいわば経営者サイドの問題でした。
しかし、ニュース等で「オンラインカジノで逮捕された」と報道されてしまいましたので、オンラインカジノにあまり興味がない人にとっては、「オンラインカジノは違法」というイメージがついてしまったことでしょう。

プレイヤー側の問題はないのか

プレイヤー側の問題はないのか

インカジやカジノカフェはあくまでも「経営者」がオンラインカジノというギャンブルを提供していたという容疑でした。
ユーザーとすればお店が提供していたものを遊んだだけです。
そのため、ユーザー側の逮捕は見られなかったものの、2016年にはオンラインカジノのプレイヤーからも逮捕者が出ました。

それまで、オンラインカジノは合法な国のサーバーであれば問題ないとの認識が広がっていましたが、逮捕者が出たことで衝撃が走りました。
しかし、逮捕されたものの起訴に至らないどころか、法曹界から疑問の声が噴出しました。
プレイヤーを逮捕するのであれば、提供している海外の業者も逮捕しなければなおかしいという論調でした。

結局は不起訴となったことから、オンラインカジノのプレイヤーは「問題ない」との認識が広がっています。
これらの情報を整理すると、一プレイヤーが個人で楽しむ限りに於いては問題ないことがわかるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノというと、どうしてもインカジの印象が根強く残っているのですが、インカジやカジノカフェのことを冷静に考えると、状況が見えてくるのではないでしょうか。

逮捕されたインカジやカジノカフェの経営者は、オンラインカジノを「商売道具」としてお客に斡旋していたからこそ逮捕されたのです。
しかしながら、「オンラインカジノで逮捕者」というイメージが未だに根強いだめ、誤解している人が多いのが現状です。