カジノカフェの摘発が相次ぐ理由

摘発

摘発が多いとされるカジノカフェは、2006年を中心に大規模な摘発が相次いでいました。この年は実際にオンラインカジノが目をつけられていて、多くのカジノカフェが同様の違法行為で逮捕されています。摘発されることが多くなった要因としては、賭博行為がわかりやすいことや、サービスとしてすぐに違法だと判断できるからです。

賭博が行われていることが容易にわかる

通常のオンラインカジノの場合は、海外のサービスを経由することによって気づかれないように工夫されているのですが、ビッグジョイカジノを利用しているカジノカフェの場合、日本で決済が行われています。この決済されている情報が後から分かってしまうので、情報を調べている警察側が気づいてしまえば逮捕できる要因になっています。
サービスの決済要因が日本にあることで、情報が漏れやすいことがカジノカフェの問題点です。実際にこれが原因で2006年には摘発が相次いでおり、これ移行も同様の方法を使ったところが摘発されています。オンラインカジノを利用している方法はかなり厳しいと判断されるようになりました。

プレイしていることも判断しやすい

突入したことで現行犯として逮捕しやすい他、仮に経営者を逮捕した時、パソコンを押収すればオンラインカジノのデータが入っていることになるので、後から情報を把握しやすい点で摘発に動きやすいです。実際にインターネットカフェなどの名目で開設されているところが、後からカジノカフェだったことがわかったため、調査してみるとパソコン上にオンラインカジノのデータが残っていたこともあります。
これらの情報を調べていけば、すぐに情報がわかってしまうことが要因になっています。カジノカフェが摘発され続けているのは、これらの情報を隠す手段が用意されていないこと、そしてデータさえ復元できればいつでも犯罪の立証は可能となっていることです。

摘発は即閉店に繋がる

全国規模でこうした方法が採用されていて、摘発されているところが次々出てきたことで、危ないと感じているところが営業を止めるようにしていました。営業されているカジノカフェとされているところは次々休業を行なって、結局逃げてしまったところもあるくらいです。
摘発というのは、それだけ与える影響が大きいものですし、警察が動いていることも普通にわかってくるのです。これらの情報を把握した他のカジノカフェも、早々に考えて動いています。