賭博法の規定を見極める

オンラインカジノの違法性と合法性

オンラインカジノをやりたいと思っているけれど、違法ではないのかと躊躇している方もいるのではないでしょうか。
結論から言えば、オンラインカジノは違法でも合法でもないという位置づけになっています。

オンラインカジノについての法律はまだ日本でも未整備状態となっており、具体的にオンラインカジノについて明記されている法律自体が存在しません。
従って、禁止されているというわけでもなく、法律で認められているというわけでもありません。
このため、違法か合法かという問題は、専門家たちの間でも意見が分かれている状態です。

海外の業者が運営をしているオンラインカジノ

オンラインカジノは海外の業者が運営をしているということもあり、他のギャンブルと比較しても特殊な存在です。
日本国内で営業されている場合、立派な賭博罪として胴元もプレイヤーも逮捕されてしまうのですが、オンラインカジノそのものは、まったく違法性のあるものではありません。

オンラインカジノの合法国で政府から許可を得てライセンスが発行されて運営されているので、これを日本の法律だけで取り締まることができません。
日本人が海外旅行先でカジノで遊んだとしても処罰されることがないように、日本の法律だけでこういった事例を裁くことができないのです。
海外の業者が運営をしているオンラインカジノを日本で遊ぶ分には法律で裁くことができないという側面があるのです。

オンラインカジノで摘発された事例はある?

オンラインカジノのプレイヤーが摘発された事例は実際にあり2016年に、日本人プレイヤーが摘発されました
しかし、プレイヤーが摘発されたことに納得がいかず、徹底して裁判で争う姿勢を見せたところ、不起訴処分で終わっています。
検察側もオンラインカジノの違法性を立証することは困難としたのでしょう。
こういった事例があることで、同じように摘発されることは考えにくく、今後も摘発される可能性は少ないといえます。

グレーゾーンのオンラインカジノで気を付けること

このように、オンラインカジノは違法か合法かといえばどちらともいえない極めてグレーゾーンな存在です。
今後摘発される可能性は少ないですが、いくつかのことに気を付けるようにしましょう。

まずは、ブログやSNSでプレイ内容を公開したり、チャットに本人とばれてしまうような情報を書くことは避けておきましょう。
また、日本で運営されているなど、サイトの所在地にも気を付けるようにしなければなりません。

インカジとはどういうもの?

オンラインカジノとインカジは混同されがちですが、実は全く似て異なるものです。
インカジは、ネットカフェのような空間で、オンラインカジノが提供されている違法のお店です。
全国的に今摘発が相次いでおり、足を踏み入れた場合、プレイヤーも逮捕の対象となってしまいます。

オンラインカジノをこれから始めたいと考えている方は、インカジには足を踏み入れないように気を付けましょう。

インカジがなぜ摘発される?

上で述べた通りオンラインカジノは法的にグレーゾーンですが、自宅でプレイをする分には安全性が高いといわれています。
これはなぜかというと、オンラインカジノは海外の業者が運営をしていて、日本の法律では裁けないという側面があるからです。

そこで、インカジはなぜいけないのかという問題なのですが、インカジは日本の店舗内でこのオンラインカジノが遊べるようになっているので、賭博罪の対象になってしまいます。
インカジの場合、日本人の経営者が経営する店舗内でプレイし、さらに金銭のやり取りを行っているので、完全に法律的にはアウトというわけなのです。

インカジはどこで営業されている?

インカジは、全国の繁華街の雑居ビルなどで営業されていることが多く、インカジ側も違法であることを承知しているので堂々と看板が掲げられているということはありません。
ほとんどの場合、キャッチで客引きを行っていて、サラリーマンや若者をターゲットとしています。

カジノをやってみないという風に声をかけられた場合、このインカジの可能性が高いですので、けしてついていかないようにしましょう。

インカジのその他のリスクとは?

インカジは、このように、違法に運営されているカジノですので、オンラインカジノと比較しても、不正やイカサマが行われている可能性のほうが高いです。
プレイヤーが勝つことが出来ず、お金を失ってしまったりすることがあります。

また、暴力団の資金源となっていることもあり、関わるとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
インカジで遊ぶメリットは、このようにほぼありません。

オンラインカジノで安全に遊ぶことがおすすめ

このように、インカジは摘発の対象ですし違法のお店なので、不正やイカサマもやりたい放題ということになっています。
従って、インカジで遊ぶことにメリットはありません。

ギャンブルなら、オンラインカジノで、自宅からアクセスをして楽しむようにしましょう。
オンラインカジノなら、法的にも安全ですし、逮捕されるリスクは極めて少ないです。

オンラインカジノの大半は優良カジノ

オンラインカジノの詐欺サイトやインチキについて

詐欺サイトやインチキについて

オンラインカジノといえば、悪質なカジノがあって、詐欺やインチキのイメージを持つ方はとても多いです。
オンラインカジノはまだ新しいギャンブルということもあり、このようなマイナスイメージを持つ方もいます。
実際に多くのオンラインカジノがある中で、悪質なカジノは残念ながら、存在しています
そういったオンラインカジノに誤って登録をしてしまうと、プレイヤーは勝ち負けどころか、お金を失ってしまうことになります。
オンラインカジノのギャンブルはすでにカジノを選ぶ段階からスタートしているといっても過言ではないでしょう。

オンラインカジノの詐欺やインチキについてですが、たとえばプレイヤーを勝たせないような不正行為があったり、払い戻しに応じてもらえず、サポートが無視をしたり、時には閉鎖されてしまうこともあります。
オンラインカジノによっては、登録した直後にスパムメールが届くようになり、メールアドレスが流出してしまうなどの個人情報漏洩もあります。
詐欺やインチキは全てのサイトであるということではないですが、くれぐれも気を付ける必要があります。

オンラインカジノは全てがインチキなわけではない

オンラインカジノの中でも知名度が高く優良とされているカジノは、問題なくプレイができて、安全性や信頼性も保たれています。
オンラインカジノは一流の企業が運営しているところもあり、そういったカジノであれば、合法国から正式にライセンスなどを発行された上で運営されています。
つまり、政府がかかわっていますので、安全性は確立されているのです。

また、オンラインカジノはライセンスが発行された後にも外部の監査団体によって監査を受けており、その公平性などがきちんとデータ化されています。
イーコグラなどの第三者である監査機関の認定マークがあれば、高い確率で安心して遊べます。

詐欺やインチキをするメリットがない

詐欺やインチキをするメリットがない

オンラインカジノは、このように全てのサイトで詐欺やインチキが行われているというわけではなく、優良なオンラインカジノであれば、そういったことは一切ありません。
こういったオンラインカジノは株式市場上場企業などが運営をしていますので、信頼が落ちてしまうことを恐れます。

また、オンラインカジノの仕組みですが、最終的には運営側が儲かる仕組みになっていますので、社会的な信用を落としてまで、一時的な収益のために不正を行うメリットはないのです。

オンラインカジノを動画で宣伝している場合は優良サイト

オンラインカジノは、多くの方に知ってもらいたいと考えています。
そこで多くの方にサイトを見てもらえる方法を考え、最近では動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノを宣伝しています。

オンラインカジノの状況を動画配信サイトで見せている場合、そのオンラインカジノは優良と判断できます。
逆に動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノを宣伝していない場合は優良なオンラインカジノとは言い切れません。

本当に信頼されるオンラインカジノは色々な宣伝を行う

信頼性の高いオンラインカジノは、多くの方に見てもらいたいと考えています。
最近になって取った方法が、動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノのゲームを見せたり、実際にオンラインカジノの遊び方を紹介している手法です。
この動画配信サイトを活用した宣伝方法は、若い人へオンラインカジノを知ってもらえるいい方法であり、動画配信サイトを使った宣伝方法が徐々に拡大を続けています。

そもそもオンラインカジノというのは、ネットでしか宣伝のできないサイトです。
大々的にCMはできませんし、何らかの広告を新聞に入れてもらう方法も使えません。
ネットでしか宣伝のできない方法であり、アフィリエイトやツイッターなどを利用して宣伝をしているケースが多かったのです。

しかし、最近になって動画配信サイトも利用されるようになりました。
動画配信サイトを使うメリットは、多くの方にオンラインカジノについて知ってもらえること、そしてネット上で気軽にギャンブルができるという視点を見せられることです。
これらのメリットをしっかりと示して、オンラインカジノは更にユーザー確保を考えています。

動画配信サイトでは有効な宣伝ができる

動画配信サイトでは有効な宣伝ができる

実際にオンラインカジノで使われているゲームなどを宣伝していると、オンラインカジノで遊びたいと考える方が増えてきて、ユーザー登録が増える傾向にあります。
これまでオンラインカジノについて知らなかった方が、オンラインカジノを知るきっかけにもなりますので、これからも更に動画配信サイトを使う傾向は続くでしょう。

若い人を呼び込めるかどうかがオンラインカジノにとって重要です。
動画配信サイトでは、世界中の若い人にオンラインカジノを知ってもらえるチャンスです。
SNSなどよりも拡散される可能性が極めて高いと判断できますので、今後も動画配信サイトはオンラインカジノにとって有効なものとなるのです。

カジノカフェの利用は避ける

カジノカフェは安全か?

カジノカフェは安全か?

カジノゲームを楽しめる「お店」が繫華街に存在します。ただし、システムを理解しないと、違法行為として摘発される可能性があるのです。

カジノカフェとカジノバーのちがい

以前に多くの「カジノカフェ」が摘発対象となりました。それは、店内でオンラインカジノを利用して客を遊ばせ、ギャンブルの胴元行為をおこなっていたものであり、警察による徹底的な摘発により激減したのです。
一方、現在みられる「カジノバー」は合法的にカジノゲームを運営するものであり、リアルカジノ同様にディーラーがテーブルゲームを進行するスタイルで客を遊ばせています。
ただし、こちらは「ギャンブル」ではありませんから、「カジノゲーム」で勝ったとしても現金は払い戻されません。

ここで注意したいのは、現在の「カジノカフェ」は合法なものがあり、「カジノバー」であっても違法なものがある点です。
店内で「ギャンブル」がおこなわれていれば、「賭博罪」として摘発対象になりますから注意してください。

 

カジノカフェの実態について

「カジノカフェ」は「インターネットカジノ」や「インカジ」とよばれるものであり、店内で「ギャンブル行為」をおこなっています。そのため「裏カジノ」とよばれることもあり、「賭博罪」に問われる可能性が極めて高いものですから、入店しないようにしてください。
現在はめっきりと減ったのですが、摘発を逃れてひっそりと運営しているところもあるようです。

インカジとは、オンラインカジノと一緒にされてしまいがちです。違法なインカジと、実際にオンラインカジノとでは色々な違いがあるのです。
これを知っておくことで、自分が摘発されてしまう可能性を下げることが出来るのです。

まず、インカジは、ネットカフェのような店内で、端末でオンラインカジノができるというカジノカフェとなります。雑居ビルでひっそりと看板を出さずに営業されており、全国で摘発が相次いでいます
インカジは違法店となり、経営者はもちろん警察が踏み込めばプレイをしていたプレイヤーも逮捕されてしまうリスクがあります。
インカジは、オンラインカジノを提供しており、これは、フィリピンのオンラインカジノなどを提供しています。しかし、金銭のやりとりは、店内で行われていて、暴力団がらみだったり、サイト側と儲けを折半していたりと、大変問題となっています。

こうした店舗の利用は絶対に避けてください。客であっても現行犯逮捕される可能性が十分にあるからです。実際の事例について、つぎの項目で解説しましょう。

カジノカフェの摘発事例について

カジノカフェの摘発事例

2006年の2月に京都のカジノカフェ「ゴールドラッシュ」が京都府警による摘発を受けました。これにより、店員2人と客2人が現行犯逮捕されたのです。
この店舗はオンラインカジノを利用しており、それまでオンラインカジノは賭博罪に問われないとされていましたから、衝撃的なニュースとして日本列島を駆け巡ったのです。
ギャンブルファンにとってセンセーショナルな事件だったのですが、有識者の間では摘発が「時間の問題」と考えられていたのです。

それは、当時の「カジノカフェ」が暴力団の資金源となっており、勢力拡大を警戒する警察にとって、取り締まりが喫緊(きっきん)の課題となっていました。
店舗内におけるお金の流れを解明すれば、「賭博罪」に問えるとして内偵捜査がおこなわれ、摘発劇となったのです。
その後、全国の「カジノカフェ」が同様の容疑に問われ、急速に減少傾向をたどりました。

現在の「カジノカフェ」や「カジノバー」は健全な運営をおこなっているはずですが、その仕組みをしっかりと確認しなければなりません。

オンラインカジノと違っている点

一方で、通常のオンラインカジノが違法であるのかというと、実はそうではありません。
オンラインカジノ自体は、海外において、イギリスやフィリピン、キュラソーやジブラルタル…といった合法の国で、ライセンスを取得した上で運営されています。
つまり、オンラインカジノそのものは、違法ではなく、海外では合法となっています。

日本国内において、法律では明記されていないということもあり、法律的にはグレーゾーンとなっています。
違法でも合法でもないのですが、プレイヤーが個人でプレイをする分にはほとんどがお咎め無しという状態となっています。
仮に逮捕されてしまっても、不起訴処分という形で終わっていますし、これの違法性を立証するのは難しくなっています。

しかし、インカジは全く異なっています。
インカジの場合、店内で金銭の精算が行われているので、明らかな違法ですし、国内に胴元があるということになりますので、所詮オンラインカジノを使っていたとしても、賭博罪となってしまいます。

自宅のパソコンのオンラインカジノはリスクはない?

自宅のパソコンのオンラインカジノはリスクはない?

だからといって、オンラインカジノは、自宅のパソコンからアクセスすれば、リスクがないというわけではありません。
インカジと同じように、日本の業者が運営していたり、所在地が日本であれば、これは賭博罪となってしまいますので、所在地に注意をする必要があります。
また、違法に運営されているオンラインカジノもありますので、リスクがないとは限りません。慎重になる姿勢はとても大切なのです。

オンカジ概要あれこれ

オンラインカジノ

オンラインカジノについて

オンラインカジノは、実際の本場のカジノをインターネットのオンライン上で楽しむ事が出来る、ギャンブルゲームとして人気のゲームです。オンラインカジノは、マカオや、ラスベガスなどの実際のカジノにあるような、ルーレットやスロット、ポーカーや、ブラックジャックなどの多彩なゲームを、WEB上で手軽に楽しむ事が出来ます。
さらに、これらのゲームにはリアルマネーを投入して、そしてお金を賭けることができるようになっています。
ゲームに勝利することで、多額の勝ち金を得ることが出来ますので、一夜にして億万長者を目指すことも出来るのです。
もちろん、ギャンブルですので、負けてしまえばお金を失ってしまうのですが、それらのスリルを味わいたい方にもおすすめです。

オンラインカジノは、海外の業者が運営をしているということで、今までは敷居が高いイメージがありました。
しかし、最近では、日本語の対応サイトなども徐々に増えており、日本人プレイヤがー遊びやすい環境も整っています。分からないことがあれば、日本語サポートで相談をすることが出来たりと、日本人の初心者でも、新たに遊びやすくなっているのです。
オンラインカジノは、全世界に約8千万人以上のプレイヤーが存在するといわれており、インターネットが普及するとともに、現在のように一大エンターテイメントとして広がっています。
今では、海外の色々な国において、オンラインカジノのテレビコマーシャルが流れたりと、世界各国で親しまれているギャンブルになります。

オンラインカジノ歴史

オンラインカジノの始まり

実際の本場のカジノは、古くからの歴史があり、ヨーロッパでは大人の社交場として、ギャンブルの場としても親しまれてきた歴史があります。
しかし、オンラインカジノの歴史は比較的新しく、1994年に初めて登場したのが始まりです。
その後、オンラインカジノの運営業者に、正式にライセンスを発行するといった法律が可決され、その後、マイクロゲーミング社をはじめとした、多くのソフトウェア会社がオンラインカジノの運営に乗り出しました。
インターネットが普及すると同時に、オンラインカジノが徐々に浸透し、今のように人気となったのです。

1999年にはマルチプレイヤーシステムといった、他のプレイヤーと交流しながらプレイが出来るというシステムが出来上がり、今ではライブカジノなど、生中継でカジノを楽しむ事が出来るシステムなどもあります。
オンラインカジノは、登場した当初は悪質なサイトや詐欺サイトもたくさんありましたが、ライセンスが発行されなければ、運営できないという仕組みであることから、悪質なサイトは淘汰され、今では安全性の確立された信頼できるサイトがほとんどになっています。
中には、有名なスポーツチームのスポンサーを務めているオンラインカジノの運営業者も存在しています。

オンラインカジノ仕組み

オンラインカジノの仕組みとは?

オンラインカジノは、プログラムの運営をしているのは、オンラインカジノの運営業者ですが、ソフトウェアを提供しているのは、ソフトウェア会社となっています。
さらに、プレイヤーとオンラインカジノの運営業者の間に立ち、決済や、資金の流れの管理を行っているのが、決済業者となります。これらの業者によって、オンラインカジノは運営がなされています。
また、オンラインカジノは、オンラインカジノが正式に認められている国において、政府からライセンスが発行されなければ運営をすることが出来ません。こちらのライセンスを取得するためには、半年以上の長い月日がかかりますし、高いライセンス料が必要となります。厳正な審査が行われた後に、ライセンスが発行される形になっているのです。
また、ライセンスが発行された後も、第三者である監査機関に、プログラムの不正がないか、イカサマがないか、またプレイヤーへとペイアウトがなされているかなどの監査が入ります。これらの監査機関によるチェックが入りますので、イカサマや不正などは許されません。もしも不正やイカサマがあれば、その時点でライセンスが剥奪されてしまいます。
オンラインカジノで遊ぶ場合、これらのライセンスの有無について、まずは公式サイトで確認をしましょう。ホームページのトップページなどにライセンスのマークがわかりやすく記載されています。

オンラインカジノのペイアウト

ペイアウト率が高いギャンブル

オンラインカジノが全世界から愛されている理由として、そのペイアウト率の高さがあります。オンラインカジノのペイアウト率は97~98%という高さであり、ギャンブルの中でも、非常に還元率が高くなっています。
オンラインカジノは、他の日本の公営ギャンブルと比較しても、非常にペイアウト率が高く、それだけ勝てる可能性が高いギャンブルです。運次第で初心者でも勝てるチャンスがかなり高いですし、他のギャンブルをやるよりも、オンラインカジノの方が勝ちやすくなっています。