カジノシークレットのお得なサービスとオススメ入金・出金手段

ステイホームの味方オンラインカジノ!

ステイホームの味方オンラインカジノ!
ふとテレビをつけたり、新聞に眼を通すと新型コロナウイルス感染症についての情報ばかりで、嫌気を通り越して、段々と当たり前になりつつある昨今、それでも国の要請でテレワークにせざるを得ない企業も多かったり、不要不急の外出が難しい状況の中で、今、オンラインカジノのプレイ人口が急増しています。

オンラインカジノというと、少し前までは、危険、騙されそう等のネガティブなイメージを持たれる方も多かった様ですが、ユーチューバーのオンラインカジノ配信が増加していたり、各オンラインカジノサービス側のプロモーションが充実してきた等の理由により、その懸念が払しょくされてきたことも、遊戯人口の増加の大きな要因であると思います。

オンラインカジノは自宅のスマホ、PC環境があれば誰でもプレイ出来、実際に賭け金が増加して利益が生まれたり等、一攫千金の夢を気軽に追いかける事が出来るという点が、各ユーチューバーによる配信などでも周知されてきており、パチンコやパチスロに代わる、新たなギャンブルとして日本国内でも台頭してきております。

オススメはカジノシークレット!

数多あるカジノサービスでは、それぞれが顧客増加を目指して多くのお得なプロモーションを展開しておりますが、今回はその中でも異色のサービスを展開しているカジノシークレットについてご紹介いたします。

カジノシークレットでは業界初のインスタントキャッシュバックシステムというサービスを展開しています。
このサービスは、カジノ内のゲームで賭けたお金の一部がキャッシュバックされるというもので、出金条件などが無いので、即出金することが可能なマネーとなります。

キャッシュバックの割合は、ゲーム回数等の条件により変わりますが、約10%前後と言われておりますので、キャッシュバック率としては驚異的な数字と言って良いのではないでしょうか。

対象のゲームとして、ビデオスロットは勿論、なんとライブカジノでも適用されるという事で、キャッシュバックの適用範囲という点においても、業界内で唯一無二のサービスと言われる所以です。

まずは入出金手段の確保

オンラインカジノをプレイする為には入金しなければなりません
そして入金後、カジノをプレイする中で手に入れた利益をリアルマネーに出金する手段を確保しなければ、ただの絵に描いた餅です。

カジノシークレットでは豊富な入出金手段が存在していますので、下記にその種類について記載致しますので、参考にしてみて下さい。

入金方法
クレジットカード(VASA、Mastercard、JCB、American express)
エコペイズ
銀行送金(J-Pay)
ヴィーナスポイント
Iwallet
MuchBetter

出金方法
エコペイズ
銀行送金
ヴィーナスポイント
Iwallet
MuchBetter

と多くの入出金手段を採用しております。

オンラインカジノの出金手段は原則、入金手段と同様でなければいけないというルールが適用されていますので、注意しましょう。

オススメの入出金手段はエコペイズ

エコペイズとは電子決済サービスの一種で、入金、出金手段両面の機能があり、上記の出金の際のルールもクリアできるのでオススメです。

エコペイズはアカウント開設は勿論、口座開設が無料です。
登録方法も指示に従うだけで簡単に出来ますので、安心してご利用いただく事が出来ます。

エコペイズからオンラインカジノへ入金する為には、まずエコペイズ内の口座に入金する必要があります。
その手段を下記に記載しますので、参考にされて下さい。

エコペイズへの入金はどうする?

・銀行振り込み(手数料5%、為替手数料1.25%~2・99%)
※振込金の通貨単位と同様の通貨口座の場合は為替手数料は無料
※三井住友銀行口座、みずほ銀行口座を所有していると、入金手数料無料。

・仮想通貨(ビットコイン等)(手数料、換金手数料ともに無料)

・エコバウチャー(手数料2・9%、換金手数料1.25%~2・99%、購入手数料約6%)
※クレジットカードで購入可能です。

2021年6月現在、エコペイズ口座に直接クレジットカードでの入金が出来なくなっていますので、ご注意下さい。

エコペイズ口座からカジノ側へ入金する際の注意点として、為替手数料が発生する場合があります。
オンラインカジノの多くはUSD(米国ドル)通貨を採用していますので、もしお持ちのエコペイズ口座の通貨単位がUSD以外であれば、為替手数料(1.25%~2・99%)が発生しますので、注意しましょう。

為替手数料の割合も、エコペイズ内のアカウントのグレードによって変わり、以下にその一覧を記載します。

クラシック:2.99%
シルバー:2.99%
ゴールド:1.49%
プラチナ:1.49%
VIP:1.25%

アカウントのグレードはエコペイズの利用状況によりますが、余程の資金力が無ければ、ゴールドグレードあたりが現実的です。

ゴールドグレードへのレベルアップ条件としては下記の通りとなります。

① 身分証明書や住所が確認できる書類を提出済みであること
② クレジットカードやデビットカードが認証済であること
③ シルバー会員を30日間保有していること
④ クレジットカードで2,500ユーロ、または合計5,000ユーロを入金している事
⑤ 販売業者に25,000ユーロ以上送金していること

ゴールドグレードまでレベルアップして、為替手数料を削減して、より有利にカジノシークレットを楽しみましょう。

エコペイズからの出金はどうする?

エコペイズ経由の出金手段としては下記の3種類が挙げられます。

ご自身にあった手段で出金しましょう。

・高速現地出金(出金手数料は出金額の1%か15ユーロ ※いずれかの高い方)
・高速ローカル出金(出金手数料は出金額の1%か15ユーロ ※いずれかの高い方)
・国際銀行送金(送金手数料約1200円、被仕向送金手数料1500円~、中間銀行手数料1000円~、為替手数料1~2%割高)

まとめ

カジノシークレットはインスタントキャッシュバックシステムが他のオンラインカジノとは一線を画す、期待値を大幅に上昇させるサービスを行っており大変お得であるという点と、電子決済サービスエコペイズを採用すれば、一度に入出金手段を確保する事が出来るという点について、お伝えさせていただきました。
今後、コロナ禍が益々拡大する中で、ステイホームの風潮の中で、より充実した日々を過ごすためにも、是非カジノシークレットへの登録を強くオススメ致します。

ネットカジノは日本の賭博罪で逮捕に至ってしまうのか?

ネットカジノというのは、アミューズメントカジノとは全く異なり、実際のお金を賭けたギャンブルです。
日本では国や自治体が運営する公営ギャンブル以外のギャンブルは禁止されているため、実はネットカジノも違法なのではないか?と不安に感じている方も多くいらっしゃることでしょう。
もしネットカジノに賭博罪が適用されてしまった場合、人生を大きく変えてしまうことになりかねません。

そこで今回の記事では、ネットカジノは日本の賭博罪によって逮捕に至ってしまうのか調べてみたと題して、ネットカジノの違法性について調査してみました。
これからネットカジノを始めてみようと考えている方、ネットカジノに不安を抱えている方の参考になれば嬉しいです。

法律が無ければ違法性は問われない

法律が無ければ違法性は問われない
驚くことに今の賭博法の基本というのは明治時代に作られたもので、なんと100年以上昔の内容が今もそのまま残っているのです。
つまり当時の賭博で問題になっていた花札や麻雀を取り締まるのが目的であり、悪の根源である胴元を一層するためのものです。
もちろん賭博法自体は何度も改正していますが、根本的な内容は変わりません。

しかしこれだけインターネットが世界的に普及した現在でも、オンラインによるギャンブルを取り締まる内容は明記されていません。
すなわち「法律が無い=違法性無し」となり、ネットカジノに違法性は無いということです。

法律的にグレーゾーンの立ち位置にあるネットカジノ

法律的にグレーゾーンの立ち位置にあるネットカジノ
法律が無いから違法性も無いのは事実ですが、それはあくまでも法的に考えた時の話です。
ネットカジノには胴元が存在し、また実際のお金を賭けてのギャンブルですから、賭博法の解釈によっては、違法と見なされる可能性もあります。
しかし「見なされる」だけであり、完全違法というわけではありません。

問題は法律が無いからこそ合法という言葉にも当てはまらないということを忘れてはいけません。
それはつまり違法でも合法でも無い、いわゆるグレーゾーンと呼ばれる立ち位置であり、白でも黒でも無いのがネットカジノなのです。
グレーゾーンだからこそ、ちょっとした勘違いや知識の無さで、ネットカジノに違法性が問われることもあるわけです。

法律の専門家と行政で法的認識が異なる

ネットカジノに違法性も合法性もありませんが、実際のところ法律の専門家と警視庁とでは、考え方に大きな違いがあります。
まず法律の専門家ですが、「ネットカジノに関する法律は存在しなく、遊んでも違法性は認められない」と解釈しています。

そして警視庁は、「ネットカジノは違法であり、摘発・立件の対象となる」と解釈しており、実際にネットカジノで遊ぶプレイヤーを逮捕に踏み切ったケースがあります。
それが今でもよく知られているスマートライブカジノ事件であり、海外拠点のネットカジノで遊んでいた日本のプレイヤーを逮捕しました。

ただ起訴して裁判したところで有罪判決となる可能性が低かったこと、また法的にそこまで大きな事件で無かったことから、結局略式起訴の罰金刑で事件は終了しました。
完全なる違法行為であった場合には、躊躇することなく起訴して裁判するところですが、それに至らなかったということは、内心違法性が問われるかどうか警察も微妙なところだったのでしょう。
事実この事件以降、海外の合法ネットカジノで遊ぶプレイヤーが逮捕されたという事件は一切報道されていません。

ネットカジノが賭博罪に適用されることも

ネットカジノが賭博罪に適用されることも
ネットカジノはグレーゾーンで、違法性が問われることはありませんが、それはあくまでも合法ネットカジノの場合です。
ゲーミングライセンスを持つ合法ネットカジノにアカウント登録し、自分が所有するパソコンやスマホでプレイすることに違法性はありません。

ただし同じネットカジノでも、インカジ店と呼ばれる店舗型のネットカジノの利用は100%違法となります。
インカジ店とは、インターネットカジノ店の略称であり、その場でお金の受け渡しが可能な店のことです。
これは店側には常習賭博罪や賭博開帳図利罪が、客には主に単純賭博罪が適用され、両者とも逮捕・摘発となります。
インカジ店は絶対に利用してはいけません。

まとめ

今回の記事では、ネットカジノは日本の賭博罪によって逮捕に至ってしまうのか調べてみたと題して、ネットカジノの違法性について詳しく解説させていただきました。
現在の日本の賭博法に、ネットカジノを取り締まる内容は一切明記されておらず、ネットカジノで遊んでも違法性が問われることはありません。
「法律が無い=違法性無し」ではありますが、法律が無いからと言って合法ではなく、あくまでもグレーゾーンと認識する必要があります。

ちょっとした勘違いや知識の無さで、ネットカジノに違法性が認められるケースもありますので十分にご注意ください。
例えばインカジ店やゲーミングライセンスを持たないネットカジノでプレイするなどです。
法律に対しては、知らなかった、存じなかったは通用しないのです。

エコペイズで銀行振込入金の手間を減らす方法と手数料節約の裏技

エコペイズは多くのオンラインカジノで採用されていて、入出金手段の定番になっています
使い勝手の良さが魅力で、エコペイズの入金経由でオンラインカジノを遊ぶこともできます。

クレジットカードを使いたくない人には大きなメリットになっていて、一部クレジットカード自体が利用できないオンラインカジノへの入金ハードルをさげてくれます。
今回は利用者が多い銀行振込をメインに、エコペイズの入金方法を解説していきます。

クレジットカードがなくても入金できる銀行振込の魅力

クレジットカードがなくても入金できる銀行振込の魅力
エコペイズは銀行からの振込を受けつけていて、主に収納代行業者を経由して入金することになります。
テロや犯罪防止のために海外からの送金に厳しい国が増えている関係上、海外送金やクレジットカードは使いにくくなっています。
そのため国内の収納業者を間に挟むことで、スピーディーで確実な銀行振込を可能にしているのです。

エコペイズへの銀行振込は早ければ即日反映され、遅くとも3日以内に着金します。
エコペイズに銀行振り込みで入金したい場合、まずはログインします。

ログイン後、「資金を入金」を選択、「入金先口座」と「ローカル入金」と進むと入金のための選択肢が出るのが特徴です。
「Wire Pay」を選択すると三井住友銀行口座への銀行振込、「Panda Pay」はみずほ銀行口座への銀行振り込みになります。
「Alternative Payments」は仮想通貨を使った入金になるため銀行振込の場合は利用しません。
後は表示にしたがって数字を入力し、振込先銀行と金額が確定したら、銀行ATMなどから振込を行います。

振込料金と入金手数料5%が発生するため、振込料金が安い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットで手続きできるようになると選択肢が広がる

ネットで手続きできるようになると選択肢が広がる
エコペイズへの銀行振込は、ネットで完結させる方法もあります。
パソコンやスマホで振込手続きができる銀行は増えていて、24時間手続きができることは珍しくなくなっています。
オンラインカジノで遊ぶのであれば、ネットで手続きが完結させられる銀行口座を一つは持っておくと便利です。

手続きはそれほど複雑ではなく、銀行のサイトに個別のIDやパスワードを入力し、エコペイズで指定された口座に振込だけですみます。
コピー&ペーストを使えば数字を入力する手間や、間違った数字の入力も防げるため確実に手続きができるのです。

ただし、銀行振込を行う場合の注意点もあります。
業者都合で振込先口座番号などが変更されるケースがある点です。

常に同じ口座番号への振込が指定されるわけではないため、振込先登録をしてお金をいれてしまうとトラブルになる可能性があります。
振込先の確認はしっかり行い、毎回入力してトラブルを防ぐのがおすすめです。

振込名義にエコペイズ口座番号をいれることも大切です。
着金の確認などをする際に、名義に口座番号が入っているかで検索性が大きく変わります。
確認がスムーズになり、すぐに入金されるようなケースもあります。

少しでも節約するなら専用プリペイドカードも視野に

少しでも節約するなら専用プリペイドカードも視野に
銀行振込がネットで簡単にできるようになり、エコペイズの入金ハードルも下がっています。
しかし、5%の入金手数料が気になると言う人は別の選択肢を考えることになります。
国際的にはそれほど高くない水準ですが、節約したい人にとっては少しでも節約したいポイントになるからです。

銀行振込の代替手段になるのが、エコバウチャーの購入です。
エコバウチャーはエコペイズが発行するプリペイドカードで、公式サイト経由で購入することができます。
ユーロ、ドル、アメリカポンドの中から、10~150通貨単位で購入できます。
手数料は2.9%と安めに設定されているため、手数料節約に貢献してくれるのです。

クレジットカードで購入することもできるため、間接的にエコペイズにクレジットカード入金をする手段にもなっています。
ただし、数十万円単位など、まとまった金額を入金したい場合は、必要な金額だけエコバウチャーカードを購入することになります。

10枚以上のカードを購入し、それぞれのPINコードを入力して残高に反映させるのはかなりの手間です。
あくまで小額の入金などを行うときにおすすめで、まとまった額を入金したい場合は銀行振込を選ぶとストレスを減らすことができます。

ネットからの銀行振込ができるとかなり便利

エコペイズの銀行振込は、国内の収納代行業者経由で行います。
国内銀行への振込になるため、複雑な手続きなどは不要です。
海外サービスだからと身構える必要はなく、一般的な銀行振込の感覚で利用できます。

ネット対応で、PCやスマホから振込手続きができる銀行も増えているため、ネットで完結する場合もあります。
手数料を節約したいのであればエコバウチャーを使うのも方法ですが、金額によっては手間が増えてしまいます。
状況や金額、情報入力の手間などを比較して選ぶのがおすすめです。

魅力的なゲームがたくさんあるボンズカジノ

ボンズカジノは、数多くかるオンラインカジノのひとつです。
オンラインカジノをする上で、気になる入金方法などに、ビットコインといった仮想通貨も取り入れた新しいタイプのオンラインカジノとして注目されています。
ボンズカジノは、まだ日本人には知名度は高くありませんが、ヨーロッパを中心に話題となっている新しいシステムを導入しているオンラインカジノです。
損失の一部を還元するキャッシュバックシステムやスポーツベッティングといった他のオンラインカジノにはない特徴がその人気の秘密となっています。
今回は、そんな、今話題のオンラインカジノ「ボンズカジノ」について紹介していきます。

ボンズカジノにおけるボーナスについて

ボンズカジノにおけるボーナスについて
オンラインカジノをはじめるうえで、入金方法も気になるところですが、新規登録時のボーナスも気になるところです。
「ボンズカジノ」においては、新規登録時には、最大2000ドルのボーナスがあります。
また、入金金額が2000円以上ですと、1000円分のフリーベットと200回のフリースピンがついてきます。

ボンズカジノのゲームの種類

ボンズカジノのゲームはスロットが中心となりますが、様々なオンラインカジノプロバイダーによるカジノゲームをプレイすることができます。
中でも、ライブゲームは、モニターの向こうにいるディーラーとやりとりができますので、まるで本物のカジノにいるような臨場感を味わえます。
日本語対応のディーラーもいますので、日本語でディーラーと交流できるのも楽しみの一つとなるでしょう。
ボンズカジノはまだ新しいカジノなので、今後ゲームの種類が充実してくるでしょう。

ライブゲームのラインナップとしては、ブラックジャック、Deal or No deal、バカラ、ドリームキャッチャー、スクイーズバカラ、モノポリー、ライトニングルーレット、カリビアンスタッドポーカー、ドラゴンタイガー、シックボなどなど、たくさんの有名なゲームがあります。

ボンズカジノならではのゲーム

ボンズカジノならではのゲーム
スポーツベッティングは、eスポーツも含めた様々なスポーツ競技などに対してスポーツベッティングができます。
サッカーのチャンピオンズリーグやバスケットのNBAなど、ただ見るだけでなく、ベットすることにより、分析、予想する楽しみも増えますし、勝てばもちろん収入も増えます。

ボンズカジノならではのキャッシュバックサービス

ボンズカジノでは、ゲームで生じた損失額をキャッシュバックしてくれます。
これは、毎月1日にカジノで生じた損失の20%、スポーツベッティングで生じた損失の5%を還元してくれます。
ただし、ライブゲームにおける損失は除かれますので注意が必要です。
また、ボーナスも損失も除かれますのでご注意ください。

また、当該月の出金額が入金額を超える場合については、キャッシュバックはありません。
そして、キャッシュバックは、ボーナスとしてみなされますので、そのまま使えません。
キャッシュバック額の50%を別に入金しなければなりません。
キャッシュバックを100ドル受けたとしたら、50ドルを別に3日以内に入金をしてあげる必要があります。
そうしないとキャッシュバックは無効になってしまいます。

ボンズカジノならではのアチーブメントシステム

ボンズカジノのいくつかのゲームにはアチーブメントシステムがあります。
ゲーム内でのミッションをクリアすると、ボーナスがもらえるようになっています。
たとえば、スロットでコンボ当たりを5回出した、とか、トーナメントで賞金を獲得した、とかです。
ゲームだけでなく、たとえば、キャッシュバックを有効にする、とか、入金する、といったとても簡単なミッションもあります。

ボンズカジノの入金方法と下限上限

ボンズカジノの入金方法と下限上限
ボンズカジノの入金方法は、一般的なオンラインカジノの入金方法であるVisa、Masater CardやJCB、ecoPayz、iWallet、VenusPointなどがあります。
そして、それらに加えて、ビットコインBitcoin、イーサリアムEthereum、リップルRipple、ライトコインLitecoinといった仮想通貨を利用しての入金も可能となっています。

最小入金額は、5ドル~10ドルと少額なので、気軽に始めることができます。
入金の上限は、差があります。
Visa、Master、JCBだと5000ドル、ecoPayzだと2000ドル、iwallet、VenusPointだと10000ドル、仮想通貨だと100万ドルとなっています。

ボンズカジノの出金方法と下限上限

ボンズカジノでは、1か月で出金できる上限が決まっていて100000ドルです。
出金時の手数料は1日2回までは無料です。
それ以上になると、出金額の10%が手数料として取られます。

また、出金時については、クレカは取り扱っていませんので、ecoPayz、iWallet、VenusPointもしくは仮想通貨となります。
出金の最少額はいずれも10ドルです。
上限額は、iwalletが5000ドルで、他はすべて2000ドルとなっています。
手数料なしにJackpotの賞金を一気に出金するのは難しそうです。

ボンズカジノの安全性

ボンズカジノで扱っているゲームは、第3者機関による監査を定期的に受けています。
また、運営資金や出入金状況についても厳しい審査を受けています。
そのうえで、オランダ王国の構成国であるキュラソー政府公認のギャンブルライセンスを取得して法律に違反せず運営している健全なオンラインカジノです。

オンラインカジノは危険?

オンラインカジノは世界中で人気のコンテンツですが、日本ではまだそこまで広まっているわけではありません。
日本人向けのオンラインカジノも増えていますが、まだ全体から考えるとそれほど数は多くありません。

ですが中には、イカサマや詐欺を行っているオンラインカジノもあります。
特にオンラインカジノになじみのない日本人は、正しい知識を持ち、安全なオンラインカジノを選ばなければいけません。
そこで今回はオンラインカジノと詐欺の関係について紹介していきます。

オンラインカジノで行われている詐欺とは?

オンラインカジノで行われている詐欺とは
オンラインカジノの中には残念ながら詐欺やイカサマを行っている悪質なものがあります。
ですが一概に悪質だといっても、様々なことが行われています。
サポートに問い合わせなどをしても返信が来ない、もしくは返信が遅いといったようなものや、ゲームをしたりサイトを見ている中でバグなどが多いため、途中で止まってしまったり、当たったにもかかわらず結果が反映されないといったものもあります。

さらに悪質なものの場合は、出勤申請を無視して支払いを行わなかったり、支払いに様々な条件を設けてよりたくさんのお金をかけさせる、違法なソフトウェアを使ってイカサマを行い、プレイヤーが不利になるようにしたり当たらない状態にする、告知なしに閉鎖し出勤などを行えなくするといったものまであります。
そのため、オンラインカジノで安全に遊ぶためには、そのオンラインカジノが悪質なものや詐欺を行っているものではないことを確認した上で利用しなければいけません。

過去に詐欺を行っていたオンラインカジノの事例とは?

過去に詐欺を行っていたオンラインカジノの事例とは
オンラインカジノは世界中で利用されているため、非常に多くのオンラインカジノがあります。
それと同時に、悪質なオンラインカジノの数も多いのが現実です。
過去には日本語に対応した日本人でも利用しやすいオンラインカジノが悪質な行為を行ったという事例もあります。

そのため日本語に対応しているオンラインカジノにも危険が潜んでいるのです。
ここからはそんな事例について紹介していきます。
悪質サイトの兆候を見分けるために知っておきましょう。

①お台場カジノ
お台場カジノは日本語対応のオンラインカジノでした。
そこが2009年に突然閉鎖してしまい、オンラインカジノ上にある残高などの返金を行わずに未払いのまま利用できなくなりました。
お台場カジノでは、閉鎖の少し前からサイト上で記載されていた期間よりも払い戻しに時間がかかってしまったり、サイトのリニューアル後にゲームソフトウェアにログインできなくなるといった不具合もみられるようになりました。

それらは利用者にはシステム障害が原因だと伝えられていましたが、残高の払い戻しができない状態になっていました。
さらに2009年年末にはサポートにもつながらなくなってしまい、払い戻しが全くできない状態になってしまいました。
このお台場カジノがなぜ閉鎖したのか、閉鎖までに何があったのかといったことは今でもわかっていません。

②ドリームカジノ
ドリームカジノは日本国内でオンラインカジノを運営したということで逮捕された最初の事例です。
このドリームカジノは海外のサーバーで海外の企業が運営していると報告されていました。

ですが実際に運営をしていたのは日本にある会社であったと考えられ、運営者が逮捕されることになりました。
こちらの場合は別のオンラインカジノを通して払い戻しが行われ、さらに利用者が逮捕されるということはありませんでした。

安全なオンラインカジノを選ぶためには?

オンラインカジノで安心して遊ぶためには、自分で安全なオンラインカジノを選ばなければいけません。
そのためには、どこを見れば信頼できるオンラインカジノであると判断できるかを知っておかなければいけません。
そこでここからは、安全なオンラインカジノを選ぶためにチェックすべき点を紹介します。

①ライセンスを所持しているかどうか
オンラインカジノを運営するためには、ライセンスを取得しなければいけません。
そのためライセンスを取得しているかどうかで、合法なオンラインカジノであるかどうかを見分けることができます。
ですがライセンスは発行国によって取得難易度も変わってきます。

また、ライセンスを取得していても違法なソフトウェアを採用している可能性もあります。
そのため、これだけを信頼するのではなく、ほかの要素も組み合わせるようにしましょう。

②監査機関による監査が入っているか
オンラインカジノの中には、カジノ側がイカサマなどの不正行為を行っていないかの監査を受けていることがあります。
監査を受けているということは、自分たちの判断ではなく第三者の判断によってイカサマなどをしていないことを証明されているため、より信頼することができる基準になります。
ですがあくまで判断基準の1つであり、監査機関を利用していなくても安全なオンラインカジノもあることを覚えておきましょう。

③利用者の口コミを確認する
実際の利用者の口コミを確認することも大切なポイントです。
もし口コミで支払いが遅れているといったことが分かった場合には、注意するようにしましょう。
何も問題なく運営をしているならば、支払いが遅れるということはまずありません。
つまり支払いの遅れがあるということは、運営側で何かが起きていたりしている可能性もあるため、危険が高まってしまいます。

まとめ

オンラインカジノは確かに楽しいコンテンツですが、中には悪質なものもあるため危険も潜んでいます。
まとめ
そのため安全に遊ぶためには、自分で自分を守らなければいけません。
危険だと思う兆しがあったりした場合は、すぐに対応できるようにしましょう。

オンラインカジノを最大限に楽しむためにも、安全なオンラインカジノで遊ぶようにしてください。

十分な収入源である以上不正は不要

オンラインカジノは、プログラムされたものを楽しむという点ではゲームに近いものがありますが、カジノである以上、大きな利益を見込める点が魅力です。
本場のカジノ同様、高い利益を手軽に狙えることから世界中にユーザーを抱えている人気コンテンツですが、詐欺・イカサマがあるのではと思っているユーザーも多いようです。

むしろオンラインカジノをまだプレイしたことがない人は、プログラムされているものである以上、何らかの不正やイカサマがあるだろうと思っている傾向が強いようですが、果たしてオンラインカジノに詐欺やイカサマはあるのでしょうか。

オンラインカジノの不正やイカサマの可能性

オンラインカジノの不正やイカサマの可能性
オンラインカジノはプログラムされているものです。
ライブゲームに関してはリアルタイムでの映像になりますので、不正やイカサマの可能性は低いだろうと思っていても、通常のモードの場合、基本的にはプログラムされたものを楽しむ形になります。
その為、負けばかりですと「裏で不正やイカサマがあるだろう」と思ってしまうユーザー心理も決して分からないものではありません。

プログラムそのものはユーザーは目にすることができないものです。
そのため「不正はありません」「イカサマなどある訳がありません」と説明されても、「ソースは?」という話になります。
見えないからこそ、負けが込んでいるときには疑惑の眼差しを向けてしまうのも分からない話ではありませんが、それでも客観的に考えるとオンラインカジノが裏で不正やイカサマを行っている可能性は限りなく0%に近いでしょう。

オンラインカジノが不正やイカサマを行っていない根拠

オンラインカジノが不正やイカサマを行っていない根拠
オンラインカジノが不正やイカサマを行っていない根拠はいくつかあります。

まず一つに、オンラインカジノの経営母体です。
ネット上でのみカジノを運営しているのではなく、実際にリゾートビジネス、レストラン等、様々な事業を展開しつつ、インターネット上でオンラインカジノを運営している業者が多いです。
もしもですが、不正・イカサマが露呈した場合、ただ単に「オンラインカジノ業者」としてではなく、本業にまで支障をきたすことになります。

更に、それまで本業で地道にコツコツと積み上げてきた信頼を崩壊させることにもなりかねません。
果たしてそのようなリスクを犯してまで、不正やイカサマを行うでしょうか?

証券市場に上場している企業さえあることを考えると、不正やイカサマのリスクは果てしなく大きいことを考えると、不正やイカサマの可能性は低いのではないでしょうか。

第三者のチェック
第三者のチェック
オンラインカジノ業者は「第三者からのチェック」を受けています。
まず、大前提として殆どのオンラインカジノは国や行政からライセンスを取得しています。
法律でカジノを認めている国や地域からライセンスを取得していますが、当然無条件で取得できる訳ではなく、健全なオンラインカジノなのかを審査されます。
その上で問題なければいよいよライセンスを取得できることになります。

さらに、独自にプログラム部分を第三者に監査してもらっているオンラインカジノもあります。
TST、eCOGRAといったオンラインカジノ業者とは一切関係ない第三者である監査機関からチェックを受けることで、公平性をアピールしているオンラインカジノもあります。
これらの監査を受けて問題なしと判断されているオンラインカジノもまた、不正やイカサマの可能性は低いのではないでしょうか。

不正の必要性がない

少々極論かもしれませんが、オンラインカジノは決して多額の運営費用がかかるものではありません。

オンラインカジノのペイアウトの高さの一因として経費がかからない点が挙げられるように、ほぼ自動です。
そのため、不正やイカサマをして利益を捻出せずとも、出ていくお金そのものが少ないのでわざわざ不正を行い、リスクを背負う必要性がそこまで高くはありません。

もちろん強欲な業者もいるかもしれませんが、いわば半自動で営業しているようなオンラインカジノも珍しくありません。

仮にですが、不正やイカサマを行っていることが露呈すればユーザーが離れますので、半自動での営業の効率も悪くなります。
それなら、不正やイカサマをせずとも一定の収益を見込めた方が業者側としても効率が良いのではないでしょうか。
不正やイカサマは、いわば「胴元が儲けるため」ですが、さほど手間がかからないことを考えると、そこまで利益に固執する理由もありません。

まとめ

このように、オンラインカジノ業者が不正やイカサマを行っている理由は限りなく低いです。
「それでも信頼できない」と思う人もいるかもしれませんが、信頼できるかどうかは各々が判断する部分になります。
その為、それでも信頼できないと思ったらオンラインカジノは控えればよいですし、これらをもってオンラインカジノは安心して楽しめると判断する人がいても不思議ではありませんので、その点は各々次第と考えて良いでしょう。

有料であることが何よりの問題点

有料であることが何よりの問題点

オンラインカジノに対し「違法だ」「遊んでいると逮捕される」といった誤解をしているユーザーは、実はまだまだ多いと言われています。
その理由がインカジ、カジノカフェによる騒動です。

実際に逮捕者を出しているのは間違いありませんので、「やっぱりオンラインカジノは違法だ」と考える人がいても不思議ではありませんが、これらのニュースを断片的に理解している人も多いです。
裏を返せば、これらの騒動の真実を知れば、オンラインカジノのユーザーは安全だということも分かります。

インカジやカジノカフェによる逮捕者が続出した背景

インカジやカジノカフェによる逮捕者が続出した背景

2000年代前半はまさにインターネットに常時接続が普及されつつある時期でした。
といってもまだまだパソコンのみの話で、スマートフォンではなくガラケーだった時代は、インターネットがまだまだ「一部の人のもの」でした。

ガラケーでも簡易的なサイトにアクセスできるようになっていたので、インターネットそのものは比較的身近なものではあったものの、ガラケーのスペックは高くはありませんでしたので、ガラケー用のサイトはシンプルなものでした。
一方、パソコンから接続するインターネットの世界はそれまでよりも高速環境となったことから、様々なサービスが登場しました。

日本でオンラインカジノが人気を集めるようになったのも丁度このタイミングですが、まだまだパソコンそのものの普及率が低かったことから、「パソコンで楽しめるサービスを提供する業者」も多々登場しました。
例えばネットカフェがその一つです。
それまでは「漫画喫茶」という業態でしたが、漫画だけではなく、インターネットに接続されたパソコンを置いたネットカフェは、自宅からはパソコンができない人にとって貴重なものでした。
インカジやカジノカフェは、いわばその延長線上にあるサービスです。

あくまでもメインはカフェですが、パソコンでネットが出来る環境も併設し、「オンラインカジノが楽しめる」と宣伝していたのです。
オンラインカジノで勝利を得れば大きな利益を得られますので、ギャンブルに興味を持ったユーザーから大きな注目を集めるようになりましたが、言うまでもなく国内ではギャンブルは法律によって禁止されています。
公営ギャンブルのみが許可されているので、仲間内で賭け事をすることも厳密には違法です。

そのような中で、オンラインカジノという「ギャンブルができるパソコン」をお店に置き、さらにはお客からお金を取っていたのです。
この、「お客に提供していた」という行為が大きな問題点です。

お客への供与の場合

インカジやカジノカフェはお客にオンラインカジノを提供していました。
ましてや、無料で「遊べますよ」と謳っていたのではなく、お金を取っていたとのこと。
つまり、オンラインカジノを「ビジネス」として利用していたことになりますが、言い換えれば「ギャンブルを提供してお金を取っていた」になります。
そして、このような行為は賭博斡旋になる為逮捕されました。

しかし、ここでポイントとなるのは逮捕されたのは経営者や店長などです。
ユーザー側ではなくあくまでも経営スタッフ側に多かった点は、ユーザー側の問題ではなくいわば経営者サイドの問題でした。
しかし、ニュース等で「オンラインカジノで逮捕された」と報道されてしまいましたので、オンラインカジノにあまり興味がない人にとっては、「オンラインカジノは違法」というイメージがついてしまったことでしょう。

プレイヤー側の問題はないのか

プレイヤー側の問題はないのか

インカジやカジノカフェはあくまでも「経営者」がオンラインカジノというギャンブルを提供していたという容疑でした。
ユーザーとすればお店が提供していたものを遊んだだけです。
そのため、ユーザー側の逮捕は見られなかったものの、2016年にはオンラインカジノのプレイヤーからも逮捕者が出ました。

それまで、オンラインカジノは合法な国のサーバーであれば問題ないとの認識が広がっていましたが、逮捕者が出たことで衝撃が走りました。
しかし、逮捕されたものの起訴に至らないどころか、法曹界から疑問の声が噴出しました。
プレイヤーを逮捕するのであれば、提供している海外の業者も逮捕しなければなおかしいという論調でした。

結局は不起訴となったことから、オンラインカジノのプレイヤーは「問題ない」との認識が広がっています。
これらの情報を整理すると、一プレイヤーが個人で楽しむ限りに於いては問題ないことがわかるのではないでしょうか。

まとめ

オンラインカジノというと、どうしてもインカジの印象が根強く残っているのですが、インカジやカジノカフェのことを冷静に考えると、状況が見えてくるのではないでしょうか。

逮捕されたインカジやカジノカフェの経営者は、オンラインカジノを「商売道具」としてお客に斡旋していたからこそ逮捕されたのです。
しかしながら、「オンラインカジノで逮捕者」というイメージが未だに根強いだめ、誤解している人が多いのが現状です。

驚異の還元率と利便性を誇るギャンブル

毎日、暇を潰すためにパチンコをする人がいます。
しかし、できるだけお金を稼ぎたいという思いから、朝早くから開店前のパチンコ店に並んでやっといい台をキープすることができます。
また、競馬もネットで馬券が買えるようになってきましたが、やはりスリリングなレース展開を楽しむなら、競馬場に足を運ぶことと思います。

でも、今では自分の好きな時に、好きな場所ですぐにギャンブルすることが、最もスマートな賭け方、楽しみ方と言えると思います。

いつでもどこでも遊べるギャンブル

いつでもどこでも遊べるギャンブル

そのようなスマートなギャンブルスタイルを実現させたのが、オンラインカジノかもしれません。
オンラインカジノはインターネットを使ってできるギャンブルなので、何処からでも参加することができます。
しかも、海外でいくつものオンラインカジノサイトが公開されて、365日24時間稼働しているので、自分の好きなタイミングでギャンブルに参加することが可能です。
そんなことから、若いネット世代を中心に利用者が増えているのです。

従来のギャンブルと異なる驚異のペイアウト

競馬やパチンコなどの従来のギャンブルと異なる点は、自分の好きな時間、許せる場所から、すぐにエントリーできることです。
それがオンラインカジノの魅力でもあるのですが、他に違う点を挙げるなら、ペイアウト率が高いということでしょう。
ペイアウトとは、配当金をプレイヤーに払い出すことですが、賭け金に対する配当金の占める割合(ペイアウト率)が競馬や競輪などと比べて、とても高いのです。

競馬や競輪などの公営ギャンブルのペイアウト率は80%程度。
パチンコになると極端に下がり、50~60%と言われています。
これがオンラインカジノになると、平均でも95%を推移しており、ブラックジャックでは時には100%を越えてしまうこともあると言われています。

これはオンラインカジノの経営者の胴元が損をしていることになるのですが、インターネットを通じて世界中から何百万人ものプレイヤーがひっきりなしに参加してくるのですから、しっかりと経営が成り立っているのです。

ギャンブルなので、全てのプレイヤーが儲かるというわけではありませんが、他のギャンブルと比較しても、とても有利なゲームで手軽に参加してくるのですから、これ程魅力なギャンブルはないでしょう。

配当金というと、カジノで人気イチオシのスロットマシンで時々驚くほどの配当金が出ています。
ジャックポットという大当たりですが、これをヒットさせると数千万円レベルの配当金をもらうことができます。
日本からもゲットできたプレイヤーが何人もいるので、それだけでも、すぐにオンラインカジノにアクセスしたくなるのではないでしょうか?

過去最高で、4億円を越えるジャックポットがあるほどなので、数千万円もかわいいレベルかもしれません。

日本でのオンラインカジノの法的な解釈

日本でのオンラインカジノの法的な解釈

今でも日本からのプレイヤーが増え続けているオンラインカジノですが、日本でのギャンブルでは、違法ではないかと心配する向きもあります。
確かに国内でできるのですから、ギャンブルは公営ギャンブルに限られているからです。

過去、カジノを運営している店舗や参加者が摘発されたことからことは何度もあります。
それを考えると、オンラインカジノも違法と思われるでしょう。
しかし、オンラインカジノは違法とはみなされていません。
その理由はオンラインカジノが海外のサーバーで運営されているからです。

日本国内でサイトを立ち上げると従来通り、賭博罪の対象となりますが、海外にあることでプレイヤーも日本の外で賭けているという見方をされています。
その結果、オンラインカジノは違法とはならないわけです。
ただ、このギャンブルを正式に認める法律もないことから、合法的なものとしても見られてはいませんので、グレーゾーンにあるギャンブルというのが実情と言えます。
それでも問題なくプレイできているのですから、臆することはないでしょう。

オンラインカジノの信頼度を確認する

オンラインカジノの信頼度を確認する

しかし、世界中にはおびただしいほどのカジノサイトが存在しています。
そのために、中には、とても悪質なものもあります。
プレイヤーからお金を盗み取ることを目的にしたサイトがあるので、オンラインカジノを利用する前に、本当に信頼できるサイトなのかを正しく見極める必要があります。

そのためには、オンラインカジノの運営が正規に許可されているライセンスを取得しているかを確認することです。
優良なサイトは必ずライセンスを取っていますので、サイト内を調べてみることです。
元々、オンラインカジノが始まったのは、アンティグア・パーブーダというイギリス系の国がライセンス発行を法律化させたことが、起源とされています。

そのために健全なオンラインカジノは、ライセンスを取得して運営されていますので、この資格の有無で信頼度を測ることができるわけです。
せっかく賭けて楽しむのですから、無用なトラブルを避けるためにも、事前チェックは怠らず実行することが大切です。

信頼性確保に向けた不断の努力

オンラインカジノとライセンスの関係

オンラインカジノとライセンスの関係

オンラインカジノはインチキなギャンブルなのでは? そう考える方も少なくはないと思います。
どのようなギャンブルもインチキの有り無しが疑われるもので、特にインターネットを使ったオンラインカジノはインチキの可能性がより疑われてしまいます。
実際、オンラインカジノはインチキなギャンブルなのかというとそれは違います。
逆にオンラインカジノはその他のギャンブルよりもずっと公正なギャンブルです。

オンラインカジノを運営するには、オンラインカジノを動かすサーバーを置く国の政府から、オンラインカジノの運営を認可するライセンスを発行してもらわなければなりません。
このラインセンスを受けるための審査は相当に厳しいため、オンラインカジノを運営できるのは限られた企業のみとなります。
資金力、経営能力は十分にあるか。
マフィアなどの組織と通じていないかどうか。
使用するソフトウェアは不正の働けないものであるかどうか。
こうした項目をはじめ、数多くの項目を完全にクリアしなければライセンスは発行されません。

そして、ライセンス発行後も抜き打ち的にチェックが入ります。
このチェックに引っかかってしまうと運営停止、最悪の場合はライセンスの剥奪となり、運営自体を終了させなければいけなくなってしまいます。
そのため、オンラインカジノは常に公正なギャンブルを提供するために日夜努力を重ねています。

様々な企業の協力の下運営されている

様々な企業の協力の下運営されている

オンラインカジノは運営会社がゲームソフトの開発から決済までをすべて取り仕切り行っているわけではありません。
実のところオンラインカジノは、ゲームソフトはソフトウェア会社に、入出金に関しては決済会社に業務を委託しています。
こうして別の会社に業務を委託することによって、運営会社が不正を行えない状態を作り上げているのです。
また、その業務を専門とする会社に委託することによって、運営会社だけでは作り上げられないクオリティの高いサービスを実現することができています。

特にソフトウェアに関しては、利用者を楽しませるものを作るとなるとそう簡単にできるものではありません。
オンラインカジノが盛んなヨーロッパにはオンラインカジノのソフトウェア作成に重点を置いた専門のソフトウェア会社が数多くあります。
斬新で鮮明な映像、迫力あるサウンド、スムーズで違和感のないライブゲーム。

オンラインカジノにはオンラインカジノならではの楽しみ方があり、ソフトウェア会社はそのことについてよく把握しています。
利用者を興奮させ、何度もプレイしたくなるようなゲームとはどんなゲームなのかをよく心得ているので、運営会社が考える以上のソフトウェアを作成してくれます。

決済に関しても同じで、セキュリティに優れ、かつスピーディーに行える入出金方法を取り入れてくれますし、お金の流れに関しても独自の方法で正確にすべて記録してくれるので、運営会社が行うよりも手抜かりのない正確な決済を行ってくれます。

第三者監査機関の存在

オンラインカジノの中には公平性のあるギャンブルをいつでも提供できるようにするために第三者機関の監査を受けているところもあります。
こうしたオンラインカジノの監査を専門に行っている監査機関があり、その監査機関にソフトウェアの公平性から運営の在り方までチェックを受けます。

オンラインカジノ業界では、この外部監査機関を受けることが優良オンラインカジノの証ともなっていて、特別厳しい審査で知られるeCograやTSTから認定を受けているオンラインカジノはより優れたクオリティを持っていると判断されます。
eCogra、TSTからの認定は大手と呼ばれるオンラインカジノでも難しく、何度も審査を受けようやく審査に通ったという話もあります。

また、逆にeCogra、TSTからの認定を貰いたいがために何度も審査を受けながらも、未だに認定を受けられないというオンラインカジノも多くあります。
どこの監査機関の監査を受けているかというのは、オンラインカジノのサイトから確認することができます。
これは利用者に対し、公平性があり安全に遊べるオンラインカジノだとのアピールでもあります。

利用者にとってもeCogra、TSTの認定マークがサイト上に掲載されているオンラインカジノは安全で不正がないと判断できるので、オンラインカジノ選びの1つの判断基準にもなります。

インチキのあるオンラインカジノとは?

インチキのあるオンラインカジノとは?

現在オンラインカジノは世界に2000以上あると言われています。
その2000ものオンラインカジノの中にはごくわずかですが不正操作などインチキな行為のあるオンラインカジノも存在します。
インチキのあるオンラインカジノはどんなオンラインカジノなのかというと、それはライセンスを取得していないオンラインカジノです。

ライセンスを取得できていない、所持していないということは、それなりの理由があるということです。
そして、それは不正の入る余地があるということでもあります。

入金はスムーズでも払い戻しがなかなか行われない。
突然ゲームの勝率が大きく下がる。
サポートに連絡してもまったく繋がらない。
ライセンスのないオンラインカジノではこうしたトラブルが起こりやすく、最終的に解決できずに泣く泣く諦めざるをえない場合もあります。
ですので、オンラインカジノで遊ぶ際は、どんなに魅力的に見えてもライセンスを持っていないオンラインカジノは利用しないようにしましょう。

遊ぶ上で気を付けなければならないこと

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノは、いくつかの社会的な問題を抱えています。
オンラインカジノはまだ歴史が浅く、日本に広がり始めてからも間もないということもあり、多くの問題点を抱えています。
これらの問題点は社会全体で考えなければならない問題となっています。
その社会的な問題点について具体的にみていきましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノは、ギャンブル依存症の問題を抱えていることでも知られています。
オンラインカジノは、非常に勝ち負けのリターンの差が激しいという特徴を持っています。
したがって、快楽が大きく、ギャンブル依存症の方がはまり込んでしまいやすくなっています。

また、オンラインカジノは、基本的にはクレジットカードでの決済となっていますので、目の前の現金がなくなっていく感覚が薄く、限度額以上に使い込んでしまうことになります。
その結果生まれやすくなっているのがギャンブル依存症です。

一度ギャンブル依存症となってしまうと仕事や生活が手につかなくなってしまい、のめり込んでしまいます。
自分では気づかないうちに依存症になってしまっているケースも多く、そうなれば、家族や周囲の助けや、専門機関での治療が必要となります。

ギャンブル依存症の問題はカジノ法案が成立となる際にも課題となり、何度も話し合いが行われてきましたが、未だ完全に解決したとはいえません。
社会全体でも取り組まなければならない社会問題となっています。

オンラインカジノとスパム広告問題について

オンラインカジノは、スパム広告問題を抱えています。
オンラインカジノのスパム広告がブログのコメント欄に大量に貼り付けられたり、迷惑メールとして送りつけられるケースが増えています。
これらは、悪質なオンラインカジノのオーナーによるものなのですが、にわかに条件の良すぎる大量ボーナスが掲載されていたりと誇大広告であることも少なくありません。

そして、意図せずに送りつけられるスパム広告が蔓延することで、オンラインカジノ業界のイメージダウンとなってしまっていることは避けられません。
オンラインカジノのスパム広告については、受け取り側が設定をして拒否をする以外に解決方法がなく、社会問題化しています。

オンラインカジノのサービスレベルの問題について

オンラインカジノのサービスレベルの問題について

オンラインカジノは、まだ歴史が浅い産業ということもあり、他のサービス産業と比較してもサービスレベルが低いままとなっています。
サポートのレベルが低く、問い合わせをしてもろくな回答を得られなかったり、客を客とも思わないようなぞんざいな対応をされることもあります。
そして、場合によってはサポートに無視をされてしまったり、返答そのものがない場合もあります。

オンラインカジノのサービスレベルは未だ発展途上で、プレイヤーがプレイをするとストレスが溜まってしまうこともあります。
オンラインカジノをプレイする上で、サービス水準の低さはまだまだ課題となっています。

オンラインカジノとインカジの摘発

最近では、全国的にインカジの摘発が相次いでいます。インカジとは、違法にオンラインカジノをネットカフェのような店内で提供をしている違法な賭博店です。
オンラインカジノそのものは違法とも合法とも言い難い存在なのですが、オンラインカジノを店内で提供するのは完全な違法となっています。

インカジは店内でお金の精算が行われており、そして不正が行われている可能性も高いので、悪質で違法性の高い存在です。
実際、インカジの摘発は数多く行われている所為か、都会の繁華街を中心にひっそりと営業されています。
看板を出さずに、マンションの一室で運営されているということもあり、こういったインカジを違法と知らず、足を踏み入れてしまう若者もいます。

オンラインカジノが普及すると同時に、こういったカジノカフェが増えてきているのも、社会問題の一つとなっています。
カジノカフェの摘発が相次いでいるのと同時に、これらは暴力団の資金源になっているという噂もあります。
誤って足を踏み入れてしまうだけでも逮捕されてしまう可能性がありますので、注意をしなければなりません。
このようなカジノカフェが増えてしまうのも社会問題の一つとなっています。

オンラインカジノの法律的な曖昧さ

オンラインカジノの法律的な曖昧さ

オンラインカジノは、法律的には違法ではなく、合法でもないという位置づけになっています。
オンラインカジノは、法律的にはグレーゾーン的な存在であり、曖昧なままです。
カジノ法案が成立したので、このオンラインカジノについても、正式に認められるのではないかと考えられていましたが、そういったことはなく、オンラインカジノについてはなんら言及がなされないままでした。

今後はオンラインカジノが世界で広がるに連れて日本でも解禁されるかもしれません。
ただ、現時点では法律的に曖昧なグレーゾーンであることは知っておきましょう。

1 2