驚異の還元率と利便性を誇るギャンブル

毎日、暇を潰すためにパチンコをする人がいます。
しかし、できるだけお金を稼ぎたいという思いから、朝早くから開店前のパチンコ店に並んでやっといい台をキープすることができます。
また、競馬もネットで馬券が買えるようになってきましたが、やはりスリリングなレース展開を楽しむなら、競馬場に足を運ぶことと思います。

でも、今では自分の好きな時に、好きな場所ですぐにギャンブルすることが、最もスマートな賭け方、楽しみ方と言えると思います。

いつでもどこでも遊べるギャンブル

そのようなスマートなギャンブルスタイルを実現させたのが、オンラインカジノかもしれません。
オンラインカジノはインターネットを使ってできるギャンブルなので、何処からでも参加することができます。
しかも、海外でいくつものオンラインカジノサイトが公開されて、365日24時間稼働しているので、自分の好きなタイミングでギャンブルに参加することが可能です。
そんなことから、若いネット世代を中心に利用者が増えているのです。

従来のギャンブルと異なる驚異のペイアウト

競馬やパチンコなどの従来のギャンブルと異なる点は、自分の好きな時間、許せる場所から、すぐにエントリーできることです。
それがオンラインカジノの魅力でもあるのですが、他に違う点を挙げるなら、ペイアウト率が高いということでしょう。
ペイアウトとは、配当金をプレイヤーに払い出すことですが、賭け金に対する配当金の占める割合(ペイアウト率)が競馬や競輪などと比べて、とても高いのです。

競馬や競輪などの公営ギャンブルのペイアウト率は80%程度。
パチンコになると極端に下がり、50~60%と言われています。
これがオンラインカジノになると、平均でも95%を推移しており、ブラックジャックでは時には100%を越えてしまうこともあると言われています。

これはオンラインカジノの経営者の胴元が損をしていることになるのですが、インターネットを通じて世界中から何百万人ものプレイヤーがひっきりなしに参加してくるのですから、しっかりと経営が成り立っているのです。

ギャンブルなので、全てのプレイヤーが儲かるというわけではありませんが、他のギャンブルと比較しても、とても有利なゲームで手軽に参加してくるのですから、これ程魅力なギャンブルはないでしょう。

配当金というと、カジノで人気イチオシのスロットマシンで時々驚くほどの配当金が出ています。
ジャックポットという大当たりですが、これをヒットさせると数千万円レベルの配当金をもらうことができます。
日本からもゲットできたプレイヤーが何人もいるので、それだけでも、すぐにオンラインカジノにアクセスしたくなるのではないでしょうか?

過去最高で、4億円を越えるジャックポットがあるほどなので、数千万円もかわいいレベルかもしれません。

日本でのオンラインカジノの法的な解釈

今でも日本からのプレイヤーが増え続けているオンラインカジノですが、日本でのギャンブルでは、違法ではないかと心配する向きもあります。
確かに国内でできるのですから、ギャンブルは公営ギャンブルに限られているからです。

過去、カジノを運営している店舗や参加者が摘発されたことからことは何度もあります。
それを考えると、オンラインカジノも違法と思われるでしょう。
しかし、オンラインカジノは違法とはみなされていません。
その理由はオンラインカジノが海外のサーバーで運営されているからです。

日本国内でサイトを立ち上げると従来通り、賭博罪の対象となりますが、海外にあることでプレイヤーも日本の外で賭けているという見方をされています。
その結果、オンラインカジノは違法とはならないわけです。
ただ、このギャンブルを正式に認める法律もないことから、合法的なものとしても見られてはいませんので、グレーゾーンにあるギャンブルというのが実情と言えます。
それでも問題なくプレイできているのですから、臆することはないでしょう。

オンラインカジノの信頼度を確認する

しかし、世界中にはおびただしいほどのカジノサイトが存在しています。
そのために、中には、とても悪質なものもあります。
プレイヤーからお金を盗み取ることを目的にしたサイトがあるので、オンラインカジノを利用する前に、本当に信頼できるサイトなのかを正しく見極める必要があります。

そのためには、オンラインカジノの運営が正規に許可されているライセンスを取得しているかを確認することです。
優良なサイトは必ずライセンスを取っていますので、サイト内を調べてみることです。
元々、オンラインカジノが始まったのは、アンティグア・パーブーダというイギリス系の国がライセンス発行を法律化させたことが、起源とされています。

そのために健全なオンラインカジノは、ライセンスを取得して運営されていますので、この資格の有無で信頼度を測ることができるわけです。
せっかく賭けて楽しむのですから、無用なトラブルを避けるためにも、事前チェックは怠らず実行することが大切です。

信頼性確保に向けた不断の努力

オンラインカジノとライセンスの関係

オンラインカジノとライセンスの関係

オンラインカジノはインチキなギャンブルなのでは? そう考える方も少なくはないと思います。
どのようなギャンブルもインチキの有り無しが疑われるもので、特にインターネットを使ったオンラインカジノはインチキの可能性がより疑われてしまいます。
実際、オンラインカジノはインチキなギャンブルなのかというとそれは違います。
逆にオンラインカジノはその他のギャンブルよりもずっと公正なギャンブルです。

オンラインカジノを運営するには、オンラインカジノを動かすサーバーを置く国の政府から、オンラインカジノの運営を認可するライセンスを発行してもらわなければなりません。
このラインセンスを受けるための審査は相当に厳しいため、オンラインカジノを運営できるのは限られた企業のみとなります。
資金力、経営能力は十分にあるか。
マフィアなどの組織と通じていないかどうか。
使用するソフトウェアは不正の働けないものであるかどうか。
こうした項目をはじめ、数多くの項目を完全にクリアしなければライセンスは発行されません。

そして、ライセンス発行後も抜き打ち的にチェックが入ります。
このチェックに引っかかってしまうと運営停止、最悪の場合はライセンスの剥奪となり、運営自体を終了させなければいけなくなってしまいます。
そのため、オンラインカジノは常に公正なギャンブルを提供するために日夜努力を重ねています。

様々な企業の協力の下運営されている

様々な企業の協力の下運営されている

オンラインカジノは運営会社がゲームソフトの開発から決済までをすべて取り仕切り行っているわけではありません。
実のところオンラインカジノは、ゲームソフトはソフトウェア会社に、入出金に関しては決済会社に業務を委託しています。
こうして別の会社に業務を委託することによって、運営会社が不正を行えない状態を作り上げているのです。
また、その業務を専門とする会社に委託することによって、運営会社だけでは作り上げられないクオリティの高いサービスを実現することができています。

特にソフトウェアに関しては、利用者を楽しませるものを作るとなるとそう簡単にできるものではありません。
オンラインカジノが盛んなヨーロッパにはオンラインカジノのソフトウェア作成に重点を置いた専門のソフトウェア会社が数多くあります。
斬新で鮮明な映像、迫力あるサウンド、スムーズで違和感のないライブゲーム。

オンラインカジノにはオンラインカジノならではの楽しみ方があり、ソフトウェア会社はそのことについてよく把握しています。
利用者を興奮させ、何度もプレイしたくなるようなゲームとはどんなゲームなのかをよく心得ているので、運営会社が考える以上のソフトウェアを作成してくれます。

決済に関しても同じで、セキュリティに優れ、かつスピーディーに行える入出金方法を取り入れてくれますし、お金の流れに関しても独自の方法で正確にすべて記録してくれるので、運営会社が行うよりも手抜かりのない正確な決済を行ってくれます。

第三者監査機関の存在

オンラインカジノの中には公平性のあるギャンブルをいつでも提供できるようにするために第三者機関の監査を受けているところもあります。
こうしたオンラインカジノの監査を専門に行っている監査機関があり、その監査機関にソフトウェアの公平性から運営の在り方までチェックを受けます。

オンラインカジノ業界では、この外部監査機関を受けることが優良オンラインカジノの証ともなっていて、特別厳しい審査で知られるeCograやTSTから認定を受けているオンラインカジノはより優れたクオリティを持っていると判断されます。
eCogra、TSTからの認定は大手と呼ばれるオンラインカジノでも難しく、何度も審査を受けようやく審査に通ったという話もあります。

また、逆にeCogra、TSTからの認定を貰いたいがために何度も審査を受けながらも、未だに認定を受けられないというオンラインカジノも多くあります。
どこの監査機関の監査を受けているかというのは、オンラインカジノのサイトから確認することができます。
これは利用者に対し、公平性があり安全に遊べるオンラインカジノだとのアピールでもあります。

利用者にとってもeCogra、TSTの認定マークがサイト上に掲載されているオンラインカジノは安全で不正がないと判断できるので、オンラインカジノ選びの1つの判断基準にもなります。

インチキのあるオンラインカジノとは?

インチキのあるオンラインカジノとは?

現在オンラインカジノは世界に2000以上あると言われています。
その2000ものオンラインカジノの中にはごくわずかですが不正操作などインチキな行為のあるオンラインカジノも存在します。
インチキのあるオンラインカジノはどんなオンラインカジノなのかというと、それはライセンスを取得していないオンラインカジノです。

ライセンスを取得できていない、所持していないということは、それなりの理由があるということです。
そして、それは不正の入る余地があるということでもあります。

入金はスムーズでも払い戻しがなかなか行われない。
突然ゲームの勝率が大きく下がる。
サポートに連絡してもまったく繋がらない。
ライセンスのないオンラインカジノではこうしたトラブルが起こりやすく、最終的に解決できずに泣く泣く諦めざるをえない場合もあります。
ですので、オンラインカジノで遊ぶ際は、どんなに魅力的に見えてもライセンスを持っていないオンラインカジノは利用しないようにしましょう。

遊ぶ上で気を付けなければならないこと

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノが抱えている社会的問題

オンラインカジノは、いくつかの社会的な問題を抱えています。
オンラインカジノはまだ歴史が浅く、日本に広がり始めてからも間もないということもあり、多くの問題点を抱えています。
これらの問題点は社会全体で考えなければならない問題となっています。
その社会的な問題点について具体的にみていきましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノは、ギャンブル依存症の問題を抱えていることでも知られています。
オンラインカジノは、非常に勝ち負けのリターンの差が激しいという特徴を持っています。
したがって、快楽が大きく、ギャンブル依存症の方がはまり込んでしまいやすくなっています。

また、オンラインカジノは、基本的にはクレジットカードでの決済となっていますので、目の前の現金がなくなっていく感覚が薄く、限度額以上に使い込んでしまうことになります。
その結果生まれやすくなっているのがギャンブル依存症です。

一度ギャンブル依存症となってしまうと仕事や生活が手につかなくなってしまい、のめり込んでしまいます。
自分では気づかないうちに依存症になってしまっているケースも多く、そうなれば、家族や周囲の助けや、専門機関での治療が必要となります。

ギャンブル依存症の問題はカジノ法案が成立となる際にも課題となり、何度も話し合いが行われてきましたが、未だ完全に解決したとはいえません。
社会全体でも取り組まなければならない社会問題となっています。

オンラインカジノとスパム広告問題について

オンラインカジノは、スパム広告問題を抱えています。
オンラインカジノのスパム広告がブログのコメント欄に大量に貼り付けられたり、迷惑メールとして送りつけられるケースが増えています。
これらは、悪質なオンラインカジノのオーナーによるものなのですが、にわかに条件の良すぎる大量ボーナスが掲載されていたりと誇大広告であることも少なくありません。

そして、意図せずに送りつけられるスパム広告が蔓延することで、オンラインカジノ業界のイメージダウンとなってしまっていることは避けられません。
オンラインカジノのスパム広告については、受け取り側が設定をして拒否をする以外に解決方法がなく、社会問題化しています。

オンラインカジノのサービスレベルの問題について

オンラインカジノのサービスレベルの問題について

オンラインカジノは、まだ歴史が浅い産業ということもあり、他のサービス産業と比較してもサービスレベルが低いままとなっています。
サポートのレベルが低く、問い合わせをしてもろくな回答を得られなかったり、客を客とも思わないようなぞんざいな対応をされることもあります。
そして、場合によってはサポートに無視をされてしまったり、返答そのものがない場合もあります。

オンラインカジノのサービスレベルは未だ発展途上で、プレイヤーがプレイをするとストレスが溜まってしまうこともあります。
オンラインカジノをプレイする上で、サービス水準の低さはまだまだ課題となっています。

オンラインカジノとインカジの摘発

最近では、全国的にインカジの摘発が相次いでいます。インカジとは、違法にオンラインカジノをネットカフェのような店内で提供をしている違法な賭博店です。
オンラインカジノそのものは違法とも合法とも言い難い存在なのですが、オンラインカジノを店内で提供するのは完全な違法となっています。

インカジは店内でお金の精算が行われており、そして不正が行われている可能性も高いので、悪質で違法性の高い存在です。
実際、インカジの摘発は数多く行われている所為か、都会の繁華街を中心にひっそりと営業されています。
看板を出さずに、マンションの一室で運営されているということもあり、こういったインカジを違法と知らず、足を踏み入れてしまう若者もいます。

オンラインカジノが普及すると同時に、こういったカジノカフェが増えてきているのも、社会問題の一つとなっています。
カジノカフェの摘発が相次いでいるのと同時に、これらは暴力団の資金源になっているという噂もあります。
誤って足を踏み入れてしまうだけでも逮捕されてしまう可能性がありますので、注意をしなければなりません。
このようなカジノカフェが増えてしまうのも社会問題の一つとなっています。

オンラインカジノの法律的な曖昧さ

オンラインカジノの法律的な曖昧さ

オンラインカジノは、法律的には違法ではなく、合法でもないという位置づけになっています。
オンラインカジノは、法律的にはグレーゾーン的な存在であり、曖昧なままです。
カジノ法案が成立したので、このオンラインカジノについても、正式に認められるのではないかと考えられていましたが、そういったことはなく、オンラインカジノについてはなんら言及がなされないままでした。

今後はオンラインカジノが世界で広がるに連れて日本でも解禁されるかもしれません。
ただ、現時点では法律的に曖昧なグレーゾーンであることは知っておきましょう。

オンラインカジノがヒットし続ける理由

最近よく耳にするオンラインカジノとは

IR法案の成立により日本にもついにカジノが登場します。
ポーカーやブラックジャックなどのカードゲームやスロットマシーン、ルーレットといったカジノゲームは日本人にも馴染みがあるので、誰でも気軽にカジノで遊ぶことができるようになるでしょう。
もうまもなく日本初のカジノが登場するにあたり、ネットでカジノについて検索する方が増えています。

最近よく耳にするオンラインカジノとは

カジノについて検索していると必ずヒットするのがオンラインカジノでしょう。
けれど、オンラインカジノはまだ日本でそれほど根付いていないギャンブルなので、オンラインカジノとは?と首を傾げる方も多いことと思います。
それではオンラインカジノとはどういったギャンブルなのかというと、実際にお金を使って楽しめるオンライン上のカジノのことです。

オンラインカジノでは電子決済サービスなどを使いチップを購入し、そのチップを賭けてプレイします。
これは現金でチップを購入するのか、電子決済で購入するのかの違いがあるだけで実際のカジノとなんら変わりません。
日本の会社は法律により参戦することができないので、オンラインカジノの運営会社は全て海外の会社です。

しかし最近では日本人向けに日本語での充実したサポートを提供しているオンラインカジノも増えているので、日本人でも抵抗なくすんなりとオンラインカジノの扉を開くことができるでしょう。

ヨーロッパでは誰もが知る人気のギャンブル

オンラインカジノの始まりは1996年のことでした。
1994年に英連邦王国の一国アンティグアでカジノ合法化と共にオンラインカジノのライセンス発行が開始されました。
最初のオンラインカジノはインターカジノというオンラインカジノで今もなお運営が続けられています。

オンラインカジノの1号店がこうして現在も続けられているのは、それだけオンラインカジノに魅力があり、多くのプレイヤーに遊ばれているからです。
オンラインカジノの魅力は数え切れないほど多くありますが、その中でもプレイヤーがオンラインカジノ選びに重視しているのがボーナスと呼ばれるキャッシュバックサービスです。

たとえば、初回入金ボーナスというボーナスは入金した金額の100%をキャッシュバックとして受け取ることができます。
100%?とその聞き慣れないキャッシュバックのパーセンテージに混乱してしまう方もいることでしょう。
入金額の100%とはつまり、入金したその金額とイコールになります。

5万円入金した場合は5万円を受け取れるという豪華すぎるキャッシュバックサービスが用意されています。
自分の資金の2倍の資金でゲームに挑めるので、1ドルたりとも自分のお金に手を付けずに利益を生み出すことも可能です。
ボーナスの内容は各オンラインカジノにより違いますが、他にもアカウントを作成しただけで受け取れるボーナスや誕生日など記念日に受け取れるボーナスなど様々なボーナスが用意されています。

そして、こうしたボーナスに加えて、オンラインカジノはギャンブルとは思えない97%という驚愕のペイアウト率を持っています。
ペイアウト率が97%ということは使った金額の97%は戻ってくるということになるので、オンラインカジノ初心者だけでなく、ギャンブル自体が初めてという方でも十分に利益を生み出すことができます。
こういった魅力あるサービス内容であることからオンラインカジノが盛んなヨーロッパでは親しみのあるギャンブルとして多くの方が利用しています。

ヨーロッパでは誰もが知る人気のギャンブル

さらに、大手オンラインカジノの運営企業の大半は上場していて、プロサッカーチームのスポンサーになっていたりします。こうした企業力、広告力によって、オンラインカジノはヨーロッパでは誰もが知る人気のギャンブルとなっています。

ギャンブルとして成立するための公平性がしっかりと保たれている

ギャンブルにおいて大切なのは公平性です。
公平性を保てていないギャンブルは操作、不正を行える余地があるため信頼性に欠けます。

オンラインカジノのゲームは外部のソフトウェア会社より借り受ける形で使われています。
オンラインカジノを運営するにあたって、運営企業の実態だけではなく、ソフトウェア会社についても審査が入ります。
その審査で重要視されるのがやはり公平性です。
百回、千回ではなく、数万回、数千万回のプレイで偏りがないかどうか審査されるため、オンラインカジノのゲームは公平性において心配ないと言えます。

公平性がしっかりと保たれている

そして、優良オンラインカジノと呼ばれるところは、月に一度程度のペースで外部の監査機関に監査を依頼しています。
この監査では運営の部分だけではなく、ゲームのソフトウェアについてもチェックが行われます。
もちろんこのチェックは公平性が保たれているかどうかを調べるためのものです。

オンラインサービスは顔の見えないサービスであるため、利用者は常に不正がないかどうか気にかけているものです。
オンラインカジノは運営時のチェックから公平性についてのチェックが入っていますので、不正が行われるような余地は一切ありません。
こういった誰でも平等に遊べることもまたオンラインカジノがヨーロッパを中心として世界的な人気を得ている理由です。

賭博法の規定を見極める

オンラインカジノの違法性と合法性

オンラインカジノの違法性と合法性

オンラインカジノをやりたいと思っているけれど、違法ではないのかと躊躇している方もいるのではないでしょうか。
結論から言えば、オンラインカジノは違法でも合法でもないという位置づけになっています。

オンラインカジノについての法律はまだ日本でも未整備状態となっており、具体的にオンラインカジノについて明記されている法律自体が存在しません。
従って、禁止されているというわけでもなく、法律で認められているというわけでもありません。
このため、違法か合法かという問題は、専門家たちの間でも意見が分かれている状態です。

海外の業者が運営をしているオンラインカジノ

オンラインカジノは海外の業者が運営をしているということもあり、他のギャンブルと比較しても特殊な存在です。
日本国内で営業されている場合、立派な賭博罪として胴元もプレイヤーも逮捕されてしまうのですが、オンラインカジノそのものは、まったく違法性のあるものではありません。

オンラインカジノの合法国で政府から許可を得てライセンスが発行されて運営されているので、これを日本の法律だけで取り締まることができません。
日本人が海外旅行先でカジノで遊んだとしても処罰されることがないように、日本の法律だけでこういった事例を裁くことができないのです。
海外の業者が運営をしているオンラインカジノを日本で遊ぶ分には法律で裁くことができないという側面があるのです。

オンラインカジノで摘発された事例はある?

オンラインカジノのプレイヤーが摘発された事例は実際にあり2016年に、日本人プレイヤーが摘発されました
しかし、プレイヤーが摘発されたことに納得がいかず、徹底して裁判で争う姿勢を見せたところ、不起訴処分で終わっています。
検察側もオンラインカジノの違法性を立証することは困難としたのでしょう。
こういった事例があることで、同じように摘発されることは考えにくく、今後も摘発される可能性は少ないといえます。

グレーゾーンのオンラインカジノで気を付けること

このように、オンラインカジノは違法か合法かといえばどちらともいえない極めてグレーゾーンな存在です。
今後摘発される可能性は少ないですが、いくつかのことに気を付けるようにしましょう。

まずは、ブログやSNSでプレイ内容を公開したり、チャットに本人とばれてしまうような情報を書くことは避けておきましょう。
また、日本で運営されているなど、サイトの所在地にも気を付けるようにしなければなりません。

インカジとはどういうもの?

オンラインカジノとインカジは混同されがちですが、実は全く似て異なるものです。
インカジは、ネットカフェのような空間で、オンラインカジノが提供されている違法のお店です。
全国的に今摘発が相次いでおり、足を踏み入れた場合、プレイヤーも逮捕の対象となってしまいます。

インカジとはどういうもの?

オンラインカジノをこれから始めたいと考えている方は、インカジには足を踏み入れないように気を付けましょう。

インカジがなぜ摘発される?

上で述べた通りオンラインカジノは法的にグレーゾーンですが、自宅でプレイをする分には安全性が高いといわれています。
これはなぜかというと、オンラインカジノは海外の業者が運営をしていて、日本の法律では裁けないという側面があるからです。

そこで、インカジはなぜいけないのかという問題なのですが、インカジは日本の店舗内でこのオンラインカジノが遊べるようになっているので、賭博罪の対象になってしまいます。
インカジの場合、日本人の経営者が経営する店舗内でプレイし、さらに金銭のやり取りを行っているので、完全に法律的にはアウトというわけなのです。

インカジはどこで営業されている?

インカジは、全国の繁華街の雑居ビルなどで営業されていることが多く、インカジ側も違法であることを承知しているので堂々と看板が掲げられているということはありません。
ほとんどの場合、キャッチで客引きを行っていて、サラリーマンや若者をターゲットとしています。

カジノをやってみないという風に声をかけられた場合、このインカジの可能性が高いですので、けしてついていかないようにしましょう。

インカジのその他のリスクとは?

インカジは、このように、違法に運営されているカジノですので、オンラインカジノと比較しても、不正やイカサマが行われている可能性のほうが高いです。
プレイヤーが勝つことが出来ず、お金を失ってしまったりすることがあります。

また、暴力団の資金源となっていることもあり、関わるとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
インカジで遊ぶメリットは、このようにほぼありません。

オンラインカジノで安全に遊ぶことがおすすめ

このように、インカジは摘発の対象ですし違法のお店なので、不正やイカサマもやりたい放題ということになっています。
従って、インカジで遊ぶことにメリットはありません。

オンラインカジノで安全に遊ぶことがおすすめ

ギャンブルなら、オンラインカジノで、自宅からアクセスをして楽しむようにしましょう。
オンラインカジノなら、法的にも安全ですし、逮捕されるリスクは極めて少ないです。

オンラインカジノの大半は優良カジノ

オンラインカジノの詐欺サイトやインチキについて

詐欺サイトやインチキについて

オンラインカジノといえば、悪質なカジノがあって、詐欺やインチキのイメージを持つ方はとても多いです。
オンラインカジノはまだ新しいギャンブルということもあり、このようなマイナスイメージを持つ方もいます。
実際に多くのオンラインカジノがある中で、悪質なカジノは残念ながら、存在しています
そういったオンラインカジノに誤って登録をしてしまうと、プレイヤーは勝ち負けどころか、お金を失ってしまうことになります。
オンラインカジノのギャンブルはすでにカジノを選ぶ段階からスタートしているといっても過言ではないでしょう。

オンラインカジノの詐欺やインチキについてですが、たとえばプレイヤーを勝たせないような不正行為があったり、払い戻しに応じてもらえず、サポートが無視をしたり、時には閉鎖されてしまうこともあります。
オンラインカジノによっては、登録した直後にスパムメールが届くようになり、メールアドレスが流出してしまうなどの個人情報漏洩もあります。
詐欺やインチキは全てのサイトであるということではないですが、くれぐれも気を付ける必要があります。

オンラインカジノは全てがインチキなわけではない

オンラインカジノの中でも知名度が高く優良とされているカジノは、問題なくプレイができて、安全性や信頼性も保たれています。
オンラインカジノは一流の企業が運営しているところもあり、そういったカジノであれば、合法国から正式にライセンスなどを発行された上で運営されています。
つまり、政府がかかわっていますので、安全性は確立されているのです。

また、オンラインカジノはライセンスが発行された後にも外部の監査団体によって監査を受けており、その公平性などがきちんとデータ化されています。
イーコグラなどの第三者である監査機関の認定マークがあれば、高い確率で安心して遊べます。

詐欺やインチキをするメリットがない

詐欺やインチキをするメリットがない

オンラインカジノは、このように全てのサイトで詐欺やインチキが行われているというわけではなく、優良なオンラインカジノであれば、そういったことは一切ありません。
こういったオンラインカジノは株式市場上場企業などが運営をしていますので、信頼が落ちてしまうことを恐れます。

また、オンラインカジノの仕組みですが、最終的には運営側が儲かる仕組みになっていますので、社会的な信用を落としてまで、一時的な収益のために不正を行うメリットはないのです。

オンラインカジノを動画で宣伝している場合は優良サイト

オンラインカジノは、多くの方に知ってもらいたいと考えています。
そこで多くの方にサイトを見てもらえる方法を考え、最近では動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノを宣伝しています。

オンラインカジノの状況を動画配信サイトで見せている場合、そのオンラインカジノは優良と判断できます。
逆に動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノを宣伝していない場合は優良なオンラインカジノとは言い切れません。

本当に信頼されるオンラインカジノは色々な宣伝を行う

信頼性の高いオンラインカジノは、多くの方に見てもらいたいと考えています。
最近になって取った方法が、動画配信サイトなどを利用してオンラインカジノのゲームを見せたり、実際にオンラインカジノの遊び方を紹介している手法です。
この動画配信サイトを活用した宣伝方法は、若い人へオンラインカジノを知ってもらえるいい方法であり、動画配信サイトを使った宣伝方法が徐々に拡大を続けています。

そもそもオンラインカジノというのは、ネットでしか宣伝のできないサイトです。
大々的にCMはできませんし、何らかの広告を新聞に入れてもらう方法も使えません。
ネットでしか宣伝のできない方法であり、アフィリエイトやツイッターなどを利用して宣伝をしているケースが多かったのです。

しかし、最近になって動画配信サイトも利用されるようになりました。
動画配信サイトを使うメリットは、多くの方にオンラインカジノについて知ってもらえること、そしてネット上で気軽にギャンブルができるという視点を見せられることです。
これらのメリットをしっかりと示して、オンラインカジノは更にユーザー確保を考えています。

動画配信サイトでは有効な宣伝ができる

動画配信サイトでは有効な宣伝ができる

実際にオンラインカジノで使われているゲームなどを宣伝していると、オンラインカジノで遊びたいと考える方が増えてきて、ユーザー登録が増える傾向にあります。
これまでオンラインカジノについて知らなかった方が、オンラインカジノを知るきっかけにもなりますので、これからも更に動画配信サイトを使う傾向は続くでしょう。

若い人を呼び込めるかどうかがオンラインカジノにとって重要です。
動画配信サイトでは、世界中の若い人にオンラインカジノを知ってもらえるチャンスです。
SNSなどよりも拡散される可能性が極めて高いと判断できますので、今後も動画配信サイトはオンラインカジノにとって有効なものとなるのです。

カジノカフェの利用は避ける

カジノカフェは安全か?

カジノカフェは安全か?

カジノゲームを楽しめる「お店」が繫華街に存在します。ただし、システムを理解しないと、違法行為として摘発される可能性があるのです。

カジノカフェとカジノバーのちがい

以前に多くの「カジノカフェ」が摘発対象となりました。それは、店内でオンラインカジノを利用して客を遊ばせ、ギャンブルの胴元行為をおこなっていたものであり、警察による徹底的な摘発により激減したのです。
一方、現在みられる「カジノバー」は合法的にカジノゲームを運営するものであり、リアルカジノ同様にディーラーがテーブルゲームを進行するスタイルで客を遊ばせています。
ただし、こちらは「ギャンブル」ではありませんから、「カジノゲーム」で勝ったとしても現金は払い戻されません。

ここで注意したいのは、現在の「カジノカフェ」は合法なものがあり、「カジノバー」であっても違法なものがある点です。
店内で「ギャンブル」がおこなわれていれば、「賭博罪」として摘発対象になりますから注意してください。

 

カジノカフェの実態について

「カジノカフェ」は「インターネットカジノ」や「インカジ」とよばれるものであり、店内で「ギャンブル行為」をおこなっています。そのため「裏カジノ」とよばれることもあり、「賭博罪」に問われる可能性が極めて高いものですから、入店しないようにしてください。
現在はめっきりと減ったのですが、摘発を逃れてひっそりと運営しているところもあるようです。

インカジとは、オンラインカジノと一緒にされてしまいがちです。違法なインカジと、実際にオンラインカジノとでは色々な違いがあるのです。
これを知っておくことで、自分が摘発されてしまう可能性を下げることが出来るのです。

まず、インカジは、ネットカフェのような店内で、端末でオンラインカジノができるというカジノカフェとなります。雑居ビルでひっそりと看板を出さずに営業されており、全国で摘発が相次いでいます
インカジは違法店となり、経営者はもちろん警察が踏み込めばプレイをしていたプレイヤーも逮捕されてしまうリスクがあります。
インカジは、オンラインカジノを提供しており、これは、フィリピンのオンラインカジノなどを提供しています。しかし、金銭のやりとりは、店内で行われていて、暴力団がらみだったり、サイト側と儲けを折半していたりと、大変問題となっています。

こうした店舗の利用は絶対に避けてください。客であっても現行犯逮捕される可能性が十分にあるからです。実際の事例について、つぎの項目で解説しましょう。

カジノカフェの摘発事例について

カジノカフェの摘発事例

2006年の2月に京都のカジノカフェ「ゴールドラッシュ」が京都府警による摘発を受けました。これにより、店員2人と客2人が現行犯逮捕されたのです。
この店舗はオンラインカジノを利用しており、それまでオンラインカジノは賭博罪に問われないとされていましたから、衝撃的なニュースとして日本列島を駆け巡ったのです。
ギャンブルファンにとってセンセーショナルな事件だったのですが、有識者の間では摘発が「時間の問題」と考えられていたのです。

それは、当時の「カジノカフェ」が暴力団の資金源となっており、勢力拡大を警戒する警察にとって、取り締まりが喫緊(きっきん)の課題となっていました。
店舗内におけるお金の流れを解明すれば、「賭博罪」に問えるとして内偵捜査がおこなわれ、摘発劇となったのです。
その後、全国の「カジノカフェ」が同様の容疑に問われ、急速に減少傾向をたどりました。

現在の「カジノカフェ」や「カジノバー」は健全な運営をおこなっているはずですが、その仕組みをしっかりと確認しなければなりません。

オンラインカジノと違っている点

一方で、通常のオンラインカジノが違法であるのかというと、実はそうではありません。
オンラインカジノ自体は、海外において、イギリスやフィリピン、キュラソーやジブラルタル…といった合法の国で、ライセンスを取得した上で運営されています。
つまり、オンラインカジノそのものは、違法ではなく、海外では合法となっています。

日本国内において、法律では明記されていないということもあり、法律的にはグレーゾーンとなっています。
違法でも合法でもないのですが、プレイヤーが個人でプレイをする分にはほとんどがお咎め無しという状態となっています。
仮に逮捕されてしまっても、不起訴処分という形で終わっていますし、これの違法性を立証するのは難しくなっています。

しかし、インカジは全く異なっています。
インカジの場合、店内で金銭の精算が行われているので、明らかな違法ですし、国内に胴元があるということになりますので、所詮オンラインカジノを使っていたとしても、賭博罪となってしまいます。

自宅のパソコンのオンラインカジノはリスクはない?

自宅のパソコンのオンラインカジノはリスクはない?

だからといって、オンラインカジノは、自宅のパソコンからアクセスすれば、リスクがないというわけではありません。
インカジと同じように、日本の業者が運営していたり、所在地が日本であれば、これは賭博罪となってしまいますので、所在地に注意をする必要があります。
また、違法に運営されているオンラインカジノもありますので、リスクがないとは限りません。慎重になる姿勢はとても大切なのです。